150年ぶりの「附曳神事」

12月26日に貴船神社(※過去記事)の奥宮本殿解体修理事業に伴い、雪が残る寒冬の白に覆われた境内で、特殊神事である「附曳神事(ふびきしんじ)」が営まれました。

奥宮本殿の真下には、誰も見てはいけない「龍穴(りゅうけつ)」があります。これを人目に晒すことなく解体修理作業を行うために、奥宮本殿を東側の「権地(ごんち)」に曵き移す神事が「附曳神事」です。当然ながら奥宮本殿修理のときにしか営まれることはないので、この神事が営まれたのは150年ぶり。神職の話によると次にまた営まれるのはおそらく150年〜200年後になるだろうとのことでした。

12月3日に御仮殿に神御は遷されているので、まずはそこでお祓いと玉串奉納が営まれました。その後に、奥宮本殿の前に全員が移動して「附曳神事」が始まります。この神事の最中は、奉仕員・参列員、境内にいる全ての人間は「一切言葉を発してはならない」とされていて、神事の間は皆が榊の葉を口に咥える習わしになっています。なるほど、これなら口を開けて音を発する心配がありません。

奥宮本殿の西側の裾に龍穴を覆えるサイズの作業用シートが結び付けられています。本殿は既に移動可能な状態に転棒で浮かせてあるので、氏子さんたちが綱を曵くと奥宮本殿がズズっと動き始めます。奥宮本殿がゆっくりと動くのに合わせて、口に紙を咥えた神職たちがシートを龍穴に被せて、龍穴が絶対に誰からも見えないように気をつけます。こうして無事に奥宮本殿は権地へ移されました。ここで全て解体し、使える古材は出来るだけ保存して、古い形態のまま改修されて新たな奥宮本殿が建てられます。

紅葉の時期も良いですが、観光客がグッと減る冬の貴船神社一帯も、真っ白な雪と苔の緑とのコントラストに風情があります。すごく寒いですが。

 →その他の写真「http://img.tokotokoto.com/index.php?album=kifunefubiki/

貴船神社「附曳神事」
日時:2011年12月29日11:00から
住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
開門時間:5月ー11月は6時から20時、12月ー4月は6時から18時
ホームページ:http://kibune.jp/jinja/
拝観料:無料

恵文社一乗寺店「冬の大古本市」

今日から左京区の「恵文社」にて「冬の大古本市」がはじまりました。今回で9回目を迎える大古本市は12月27日(火)から平成24年1月9日(月)までの2週間行われます。場所は恵文社一乗寺店内の「ギャラリーアンフェール」です。

東京や名古屋などからの出展もあり、他の古本市とはまた一味違った楽しみがあります。参加店舗は「東塔堂、コロンボ、BOOK ONN、のりたけ、善光堂、とらんぷ堂、ロスパペロテス、迷子、クワノトレーディング、ブックル、シマウマ書房、古書モダンクラシック、ブックギャラリーポポタム、古本海ねこ 古書玉椿 他」です。

店内を入り、真っ先に奥のギャラリーへ向かいます。皆さん思い思いに好みの本を探す姿が見られます。私もさっそく本棚を覗いてみました。デザイン本、洋書、絵本、雑誌、料理本、旅行本、文庫本、漫画、絵本、稀覯本など様々なジャンルの本が並んでいます。他にも古い映画のチラシや可愛らしいラッピング用の小袋、レコード、古道具、はたまた虫眼鏡などが机の下に置いてあったりもします。山積みになっている雑誌は「暮しの手帖」や「olive」「anan」など。懐かしさに思わず手にとり、読みふけってしまいました。恵文社に来るとついつい長居をしてしまいます。

初日には「People’s Fruits」によるホットアップルシナモンジュースの販売もありました。古本は随時補充が行われているそうです。年始にはある程度まとめての放出もあるとのことなので楽しみですね。今年のお正月はのんびり本を読んで過ごしてみようと思っています。

恵文社一乗寺店「冬の大古本市」
期間:2011年12月27日〜2012年1月9日まで(元旦は休業)
営業時間:10時から22時まで(最終日は18時まで)
住所:京都市左京区一乗寺払殿町10
TEL/FAX: 075-711-5919
ホームページ:http://www.keibunsha-books.com/