ANTEROOM PROJECT

「アート京都2012」に合わせて「ホテルアンテルーム京都」で、「SANDWICH」と京都造形芸術大学大学院総合造形の名和ゼミ参加学生による共同企画展「ANTEROOM PROJECT」がスタートしました。もちろん宿泊しなくても入場無料で見学することができます。


(山下拓也:AQNQTQEQRQOQOQMQ)


(井口真理子:ASIAN PEOPLE)


(田辺真弓:melt)


(山下拓也:DON-VASSA)


(写真奥/名和晃平:Gush#32)

京都を拠点に活動する若手作家たちが、ギャラリースペースのほか、ロビーやラウンジ、レストラン、客室、喫煙所など、さまざまなスペースを使った展示をセルフオーガナイズしています。特に山下拓也さんのストリート感覚と遊び心は今後も活躍が期待できると思います。

「アート京都2012」もモントレホテルと国際会館の両会場を物色しましたが、マンガ・アニメ表現を取り入れた作品や、既製品を部品にして再羽化させたような作品が多かったです。ギャラリー主体だから「売る」前提で、はっちゃけた作品を持って来にくいのは分かるのですが、アートフェア東京で昨年も見た作品がまた展示されているギャラリーもあり、少しばかり目新しさに欠けるなというのが正直な感想です。

ANTEROOM PROJECT
期間:2012年4月27日〜6月28日
会場:HOTEL ANTEROOM KYOTO GALLERY 9.5 ほか
住所:〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番
開廊時間:12:00〜19:00
入場料:無料
主催:ANTEROOM PROJECT実行委員会
ホームページ:http://hotel-anteroom.com/

出展作家 : 井口真理子、王婷瑩、金光男、小宮太郎、神馬啓佑、田辺真弓、冬木遼太郎、ペへモリッケ、村田宗一郎、森伊織、森貴之、山下拓也、ほか

「稲荷祭」四之大神(東寺八条)神輿

4月29日に伏見稲荷大社「稲荷祭」の巡幸祭が営まれました。

毎年「稲荷祭」期間中の日曜日に、5基の神輿が各氏子区内を巡幸します。「稲荷祭」の神輿に関連した奉仕は五ヶ郷が担当していて、不動堂(田中社)、東九条(上社)、塩小路中堂寺(下社)、西九条(中社)、東寺八条(四之大神)です。

それぞれが区内巡行を終えて最後5基目の四之大神の神輿が伏見稲荷大社御旅所にて再び宮入りしました。

最後まで天気に恵まれて無事に区内巡行が営まれました。次は5月3日の「還幸祭」です。神輿が御旅所を出発するのは14時頃です。およそ2時間ほどかけて伏見稲荷大社まで5基の神輿が向かい、伏見稲荷大社の本殿にて「還幸祭」が営まれます。