京都・鴨川に謎の白い泡が大量発生

8月20日ごろから現在まで京都市中心部を流れる鴨川に謎の白い泡状の浮遊物が大量発生して住民たちを不安にさせています。

どうやら琵琶湖のプランクトン由来で発生した泡らしく、琵琶湖疎水を通じて鴨川へ流入してきたようです。直径数センチの固まりになって川面に漂っていて、触ると少しぬるぬるしていますが嫌な臭いはしません。特に団栗橋(どんぐりばし)の下あたりに多く溜まっています。団栗橋のすぐ上流には地下水路口があります。

京都新聞のインタビューによる反応は以下の通り。
賀茂川漁協組合員「1週間ほど前から泡が出始めたようだ。こんなことは初めて。気持ち悪いので何とかしてほしい」
京都市上下水道局「琵琶湖からプランクトン由来の泡が流れ込むことは、まれにある。人体には無害で水道水への影響もないので、自然に収まるのを待つ」

団栗橋西詰橋下には賀茂川漁協団栗詰所があり、近辺では放流した鮎などを釣ったり投げ網漁をしていました。三条大橋から松原橋間は放流鮎の友釣専用区になっています。謎の泡の発生よりも鴨川に鮎が住めるということに驚きました。

100人が撮った!わたしのイチオシ京都

募集型観光案内板「100人が撮った!わたしのイチオシ京都」が完成して8月20日に地下鉄東西線・三条京阪駅の京阪連絡通路へ設置されたので観に行ってきました。

「京都市地下鉄5万人増客推進本部」の下部組織で増客に向けた実働部隊として活動を展開する「若手職員増客チーム」が、公営交通開業100周年にちなんで一般募集で受け付けた100枚の写真で構成した観光案内板です。この案内板は地下鉄・市バスに乗って市内を巡り、京都の魅力を再発見してもらえるように制作したそうです。

どの写真も秀逸です。特に反射面への映り込みを利用した京都タワーの写真は面白いアイデアだなと思いました。

まだ観に行っていない観光地や知らない風景をいくつも見つけたので、この案内板を参考に今後も色々な京都の写真を撮りに行こうと思います。

募集型観光案内板「100人が撮った!わたしのイチオシ京都」
掲載期間:平成24年8月20日~
掲載場所:地下鉄東西線・三条京阪駅の京阪連絡通路
ホームページ:http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000126932.html