城南宮「湯立神事」2013

京都市伏見区にある「城南宮」は、国土の安泰と都の守護を願い、遷都の際に平安城の南に祀られた宮であることからその名が付けられました。平安時代の末には、白河上皇により「鳥羽離宮」が造営され「院政」の拠点となり都のように賑わったといいます。

「湯立神楽」は城南宮以外でも、9月の晴明神社 「晴明祭 -宵宮祭-」や、11月の上御霊神社「おひたき」など各神社にて毎年行われています。

城南宮では毎年2月中旬から3月末日までの期間に「しだれ梅と椿まつり」が開催されています。社殿を囲むように広がる「神苑-楽水苑-」は「春の山」「平安の庭」「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」の5つの庭からなり、洛南の花の名所として知られています。
 →花の名所「城南宮」

城南宮へのアクセスは「京都らくなんエクスプレス」便利です。京都駅から約15分ほどと、短時間での移動が可能です。平日は「油小路城南宮」下車徒歩4分、土休日は「城南宮前」下車徒歩1分です。京都観光の際はぜひご活用下さい。広い無料駐車場もあるので、車での参拝もできます。

城南宮
住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
TEL:075-623-0846
拝観時間:9時~16時30分(受付は16時まで)
神苑拝観料:500円、境内は無料
ホームページ:http://www.jonangu.com/index.htm

京都・法界寺の裸踊り(修正会)2013

真言宗醍醐派の古刹の京都・法界寺では、毎年1月14日に「裸踊り(修正会)」が営まれます。

本堂薬師堂で1月1日〜14日かけて五穀豊穣、万民快楽、諸願成就を祈る「修正会法会」が厳修され、その結願日にあたる1月14日の19時後頃から、精進潔斎した少年/青壮年の信徒たちがフンドシ一丁の姿で、国宝の阿弥陀堂で押し合い圧し合いながら両手を拍ち合わせて「ちょうらい、ちょうらい(頂礼、頂礼)」と掛け声しながら裸踊りをします。今年は雨の降る寒空の中です。

この裸踊りで着用されたフンドシは、妊婦さんの腹帯として使えば安産の御利益があるとされています。

法界寺
住所:伏見区日野西大道町
電話番号:075(571)0024