「下鴨神社でワールドカップ必勝祈願 思いを託す祈願祭」

まもなくサッカーのブラジルワールドカップが開催されます。それにあわせて日本サッカー協会のシンボルマーク「八咫烏(やたがらす)」を祭神とする下鴨神社では、元日本代表MF中田英寿さんを招きワールドカップ必勝祈願祭が行われました。当日はサッカーの起源ともされる蹴鞠の奉納もあり、サッカーファンだけでなく多くの観光客も駆けつけました。

日本代表をイメージしたとされるブルーの平安貴族の装束姿の中田さんが現れるとワッと歓声があがります。引退してもさすが人気がありますね。保存会の方による蹴鞠の奉納後、ブラジルワールドカップに向けてサポーターの思いを込めたお守り「カチマル」や現地の中田カフェに飾る神棚などが奉納されました。蹴鞠の途中では球が中田さんのところへ転がる場面があり、観客から「中田さん蹴って~」とリクエストがありましたが神事を汚したくないと蹴鞠への参加はありませんでした。最後に中田さんがワールドカップへの思いなど語り祈願祭は終了となりました。

中田さんは現地の応援拠点「nakata.net cafe(ナカタ・ドットネット・カフェ)2014」をワールドカップ期間中に開設予定です。日本酒・和食などの日本文化を伝える拠点、そして在留邦人や日本人観光客の応援の場として活躍が期待されます。日本の勝利を祈り、わたしはここ京都から応援します。

カチマル守りについては下鴨神社のホームページに詳細が載っていますのでご参考ください。
下鴨神社HP:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/