揺らめく光、鎮魂の夜 化野念仏寺「千灯供養」

夏の嵯峨野の風物詩、23~24日の期間に化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)で千灯供養(せんとうくよう)が行われます。念仏寺境内の西院(さい)の河原にまつられている数千体の無縁仏にろうそくを灯し、供養する宗教行事です。「あだし」とは、はかない・むなしいとの意味で、また「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ化る事や、極楽浄土に往来する願いなどを意図しているとされています。化野は古来より東山の鳥辺野などと並ぶ葬送の地であり、空海(弘法大師)が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのが始まりとされ、後に法然が念仏道場をひらき現在の形になりました。ほのかな光が揺れる幻想的で幽玄な世界の中、大勢の参拝者らは静かに祈りを捧げていました。

化野念仏寺の千灯供養にあわせて実施されているのが「愛宕古道街道灯し」です。日没の17時ごろから20時ごろの間、愛宕神社の一の鳥居から祇王寺にいたる約1.5キロの街道筋を、京都嵯峨芸術大学の学生作の約500個ほどの提灯に明かりが灯されます。家々の軒先などにはそれぞれの家庭の子供たちが描いた提灯も飾られ、懐かしい雰囲気でいっぱいです。夏の終わりにピッタリのこの行事、一度訪れることをオススメします。

化野念仏寺 千灯供養
住所:京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
日時:2014年8月23日〜24日
受付:17時30分〜20時30分
入山料:1,000円(中学生以上)
ホームページ:http://www.nenbutsuji.jp/index.html

愛宕古道灯し
住所:京都市右京区嵯峨鳥居本
ホームページ:http://raku.city.kyoto.jp/kanko_top/hoshokai/hoshokai_index_7.html

京都・愛宕神社で「千日詣り」

一ヶ月にわたる祇園祭がついに終わる7月31日。この日の夜半から早朝にかけて、愛宕神社で行われるのが「千日詣り」です。この日に詣でると千日分の功徳が得られる云われ、また3歳までに詣でると一生火難から逃れるといわれています。当日は麓の清滝から山頂の愛宕神社までの約4kmの登山道には明かりが翌朝まで点灯され大勢の参拝者で賑わいます。

主な神事
7月31日午後21時 夕御饌祭(ゆうみけさい)…山伏によるゴマ焚き神事あり
8月1日午前2時  朝御饌祭(あさみけさい)…人長の舞奉奏、鎮火神事あり

主な登り口は表参道と呼ばれる清滝(男坂)、裏参道の水尾(女坂)、周山街道からの愛宕道、櫁原(しきみがはら)をいれると4ヶ所があります。一般的なルートは清滝からで、所要時間は往復で約3~4時間です。JR嵯峨嵐山駅~京福電鉄嵐山駅~阪急嵐山駅の間は各1km程だそうです。清滝には駐車場は1箇所のみで、道が狭いので路上駐車は出来ませんので注意下さい。当日は交通規制される場合があります。交通の詳細は京都バス時刻表をご参考認下さい。62・72系統バスが清滝行きです。

参道で行き交う登山客たち「おのぼりやーす」、「おくだりやーす」といい、励ましあうのが習わしなんだそう。こういうの何だか良いですよね。一度は家族でチャレンジしてみたいものです。

愛宕神社「千日詣り」
住所:京都府京都市右京区嵯峨愛宕町1
日時:7月31日
ホームページ:http://kyoto-atago.jp/index.html