高瀬川ライトアップ2014「プロジェクションマッピング」

京都市の中心部を流れる高瀬川は今年で開削400周年を迎えます。それを記念し8月から様々なイベントを行っていますが、今回9月6日~7日に現在大人気のプロジェクションマッピングが開催されました。

開始時刻の7時になると川のほとりにはカメラや携帯を持った観光客でいっぱいに。音楽がながれいよいよプロジェクションマッピングが始まります。400年の時の流れを春夏秋冬を用いて表現したり、舟が進むように作られていたりと凝った演出もあり見入ってしまいます。あっという間の3分間でしたが幻想的で美しい時間を堪能できました。同じ映像が繰り返し流れるので次から次へと観光客は途切れず、界隈はとてもにぎわっていましたよ。二条通から七条通間、高瀬川ライトアップは9月23日まで行われています。オープンしたリッツカールトンやオシャレな飲み屋さんも多いので夜のデートや散歩などにピッタリですよ。

高瀬川 008 (560x315)

今後もゼスト御池で竹細工ワークショップや下木屋町楽洛市、銅駝高瀬川舟まつりなどイベント盛りだくさんです。ぜひ足を運んでみては。

高瀬川ライトアップ2014
日時:8月23日~9月23日まで
ホームページ:http://www.takasegawa400.com/

「松之助」のNYチーズケーキとアメリカ

西陣のカフェ・ラインベックでパンケーキを頂いてから、ずっと行こうと思っていたのが烏丸御池近くにある「Cafe&Pantry松之助」。実はこちらが本店でその姉妹店として、西陣にカフェ・ラインベックがオープンしました。カフェ激戦区の御池で不動の人気を得ている松之助のオーナーパティシエシェフ・平野顕子さんは、数々のレシピ本を出版している方でもあります。

わたしが訪れたときはちょうど良い時間帯だったらしく、並ばずにすんなりはいることができました。最近はじめられたモーニングや人気のアップルパイも気になりましたが、どうしても食べてみたかったNYチーズケーキを注文。チーズケーキの上にはグラハムクラッカー散りばめられ見た目も完璧。しっとりとした食感と濃厚な味にうっとりしていたらあっという間に食べ終わってしまいました。これ2つはぺろりと食べられますね。スコーンはボリュームがありましたが、素朴な味わいにこれまた完食。幸せなひとときとなりました。

オーナーパティシエの平野さんは子育てを終えた45歳で留学し、そのときにアメリカの伝統的なお菓子と運命的に出あい、お店を持つ今に至るそうです。ご自身の経験を語るエッセイで「遅すぎることはない」と締めていますが、その言葉には非常に重みがあり胸に染みます。エッセイを読んだ後に食べるケーキはまた違った味がするような。また訪れてみたいと思うお店です。

松之助
住所:京都市中京区高倉御池下ル亀甲屋町605
ホームページ:http://www.matsunosukepie.com/index.html