週末は京都町屋「あじき路地」へ

賑やかな観光地から少し歩いた場所に「あじき路地」という町屋長屋があります。長い間空家だった長屋を「ものづくりなどを頑張っている若者に使ってほしい」との思いで始まった路地には、週末のみ開店しているお店が集まっています。メディアや雑誌で取り上げられていることも多く、京都の隠れた観光スポットでもあります。

P4141997

五条坂から大黒町通りを上っていくと、あじき路地に辿り着きます。一瞬、通り過ぎてしまうような場所なのでよく地図を確認してから行くことをオススメします。賑やかなイメージを想像していましたが、私が訪れた時に誰もおらずゆったりとした空気が流れていました。一歩足を踏み入れると、そこは築100年ほどの味わいある長屋がずらっと並んでいます。過去にタイムスリップしたかのような光景はまさに京都といった感じです。

P4142003

現在はオーダメイドの帽子屋「evo-see」、オリジナルハンコ「タカトモハンコ」やシルクフラワー販売「blow in house」、照明器具と喫茶「月あかり」、がまぐち販売・修理「プセット」、つづれ織の帯・小物販売「織屋まりきこ」、Tシャツ・スニーカー販売「高蔵染」、三味線「上七軒目」、水引小物「和工房 包結」、手づくりベビーシューズ「TAPu」、「焼菓子専門店「Maison de Kuuu」、パン屋「日曜日のパン屋さん」おばんざい教室「あなたのすみれsmile」といったお店が軒を連ねています。一軒、一軒挨拶しながらお店をまわっていると、人対人というコミュニケーションを通して親しみが湧き、また訪れてみたいと思う気持ちになりました。聞けばあじき路地を舞台とした「路地恋花」という漫画もあるそうです。興味のある方はぜひ。気になっていた路地の名前「あじき」は、大家であるお母さんの名前から付けられているそうです。素敵な路地の名前の裏には、大家と作り手である若者達とのそんな強い絆が隠されているようです。

P4142007

少し歩くと建仁寺清水寺、八坂の塔なども観光することもできます。あくまでもプライベートスペースなので、周りへの配慮もお忘れなく。

あじき路地
住所:京都市東山区大黒町通松原下ル2丁目山城町284
最寄駅:京阪「清水五条駅」より徒歩5分、京阪「祇園四条駅」より徒歩10分
市バス:4・17・205系統「河原町五条」下車徒歩10分
ホームページ:http://ajikiroji.com/