京都葵祭2013 第58代斎王代は長瀬摩衣子さん。

第58代斎王代に聖心女子大文学部3年の長瀬摩衣子さんが決まりました。

saioudai
(写真:産経)

聖心女子大文学部3年生で京都市出身の東京都在住。プラスチック製造加工業のキョーラク株式会社社長ご令嬢です。趣味はゴルフとテニスで得意料理は肉じゃが・ハンバーグだそうです。京都新聞には家業がしっかり掲載されているところがさすが京都の人って感じです。

第58代斎王代の記者会見コメント「葵祭は昔から親しみがあり斎王代は雲の上の存在。まさか自分が選ばれるとは。十二単は重いのでウォーキングで体力をつけて笑顔を忘れずに務めたい」

斎王代は葵祭だけでなく1年を通じて上賀茂神社と下鴨神社の神事に参列します。神事の日に雨が降ると、京都人は「今年の斎王代は雨女やな」とイケズなことを言ったり言わなかったりします。

櫟谷七野神社は、平安時代から鎌倉時代にかけて賀茂斎王の御所「斎院」があった土地に創建された神社です。別名「春日神社」とも呼ばれ、京都三大祭り「葵祭」の前に斎王代が参拝する習わしになっています。今でも浮気封じ・復縁・縁切りの御利益で現代女性から信仰されています。(→失った愛を取り戻す「櫟谷七野神社」

-関連記事-
京都三大祭り「葵祭」のあれこれ
下鴨神社「御蔭祭」
新緑に映える平安絵巻行列「葵祭-路頭の儀-」