京都・松尾大社「神幸祭(おいで)」御神輿 2013

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾大社の「神幸祭(おいで)」が4月21日に境内と氏子町内にて行なわれました。

これは「鳴閂(なりかん)」です。鳴閂を掲げて楼門をくぐる担ぎ手たちの背中は誇りに満ちた漢(おとこ)の姿です。鳴閂は神輿の担ぎ棒の両端に合計4つ取り付けられます。担ぎ手は前後上下に飛び跳ねるよう御神輿を振ることで鳴閂からはシャンシャンと景気の良い音が響きます。それぞれの御神輿で担ぎ手の足捌きやリズムが異なります。


(四之社神輿)


(衣手社神輿)


(三ノ宮社神輿)


(宗像社神輿)


(櫟谷社神輿)

P4212144


(大宮社神輿)

松尾大社を出御した御神輿は船に乗って桂川を渡ります。残念ながら今年は前日の増水と当日の強風により船渡御は中止になりました。

神幸祭(おいで):毎年4月20日以後の最初の日曜日
還幸祭(おかえり):毎年の神幸祭から21日目の日曜日

松尾大社
ホームページ:http://www.matsunoo.or.jp/
住所:〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
電話:075-871-5016
駐車場:1時間まで無料(※1時間超えると1回500円)
最寄駅:阪急松尾駅

コメントは受け付けていません。