東山文化の原点「銀閣寺」

急な坂を上り息を切らしながら総門をくぐると、そこには「銀閣寺」への参道が見えてきます。

両脇に設けられた大苅込の生け垣、銀閣寺垣と呼ばれる竹垣、そして白砂の参道。調和のとれた美しい空間が私達を迎えてくれます。ここ銀閣寺は1482年、室町幕府八代将軍・足利義政によって建立された禅寺です。義政は、祖父にあたる三代将軍・足利義満の北山殿金閣(鹿苑寺)にならい隠栖生活を過ごす為、山荘東山殿を造営。この東山殿が銀閣寺の発祥となっています。因みに銀閣寺は俗称であり、正しくは「東山慈照寺(とうざんじしょうじ)」といいます。

入口である中門を通ると、すぐに銀閣寺の象徴である国宝の「観音殿」が目に入ります。義満が建てた金閣と対比して「銀閣」と呼ばれることで有名ですね。鹿苑寺(金閣)の「舎利殿」と西芳寺の「瑠璃殿」を踏襲し、唯一現在する室町時代の楼閣庭園建築の代表建造物です。金閣に代表される北山文化のような華やかさはありませんが、「ワビ」と「サビ」を表現した気品ある世界を感じることができます。閣上にある青銅の鳳凰は東に面し、観音菩薩を祀る銀閣を守り続けています。因みに銀閣と呼ばれてはいるものの、実際に銀箔が塗られているわけではありません。財政事情説や他界説など諸説色々あるようですが、創建当時から銀箔が貼られていなかったことが調査によって明らかになっています。謎が謎を呼びますね。

本堂(方丈)の目の前には、白砂の砂盛り「向月台(こうげつだい)」と波紋を表現した同じく白砂の「銀沙灘(ぎんさだん)」が広がります。白い砂というのは、どうしてこんなに美しいのでしょう。夏空とのコントラストがさらにその姿を見事に映し出します。本当に素敵な場所です。

名残惜しい気持ちで「東求道(とうぐどう)」へと足を進めます。義政の持仏寺で国宝でもあるここは、一層の入母屋造りと檜皮葺きの現存する最古の書院造りとして知られます。秋には「東山文化の原点 国宝東求堂」(特別参拝料1000円)という特別公開も予定されていますので興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

展望所からは京都の街並みを一望することができます。西に銀閣、東に東求堂、そして月待山から上る月を眺めて「わが庵は 月待山の麓にて かたぶく空の 影をしぞ思ふ」と詠んだ義政。現代の京の街を見て、義政は何を思うのでしょうか。

慈照寺(東山銀閣寺)
住所:606-8402 京都府京都市左京区銀閣寺町2
TEL:075-771-5725
ホームページ:http://www.shokoku-ji.or.jp/ginkakuji/index.html
参拝時間:8:30~17:00(3/1~11/30)、9:00~16:30(12/1~2/末日)
参拝料:500円 年中無休