京都・鳥羽水環境保全センター「藤棚の一般公開」2013

南区の鳥羽水環境保全センターでは、藤の花が見頃を迎える4月下旬に一般公開が行われ「鳥羽の藤」として親しまれています。今年は4月27日(土)〜30日(火)が開催日となっています。藤棚の公開の他に、普段は目にすることができない下水処理施設を見ることができます。入場は無料とあって、毎年大勢の観光客で賑わいます。

4月27日〜29日は京都駅八条口アバンティ北側(市バス乗り場)から鳥羽水環境保全センターまで往復する直通バスが出ています。案内係の人からチケットを受け取ると片道100円でバスに乗れるのでお得です。30日は直通バスは運行しませんので、ご注意下さい。ゴールデンウィークということもありバス乗り場は混雑していて、行きも帰りも30〜40分ぐらいの待ちました。バスは次から次へとやってきますので、ご心配なく。

4月28日と4月29日の催し
・澄都くんと一緒に見学ツアー
・降雨体験ブース
・クイズラリー
・エコ石鹸の配布
・利き水体験
・記念写真の撮影
・樹木あてクイズ
・環境啓発ブース など

P4282308

公開エリアには37本の藤の花、そして120mメートルの藤の回廊があります。紫色に咲く藤は青空に映えキラキラと輝いていました。見事です。奥のエリアでは、藤棚の下でご飯も楽しめます。家族で訪れる人も多く、和やかな雰囲気が流れていました。

P4282292

上下水道局鳥羽水環境保全センター
住所:京都市南区上鳥羽塔ノ森梅ノ木1
開催時間:10時〜16時(入場は15時30分)
入場無料
ホームページ:http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000145631.html