新緑映える王朝絵巻 葵祭 2013

雲ひとつない晴天に恵まれた5月15日。今年も京都三大祭りの一つである「葵祭(賀茂祭)」が行われました。世界遺産の下鴨神社、そして上賀茂神社の五穀豊穣を祈る例祭です。10時30分に京都御所を出発した平安王朝の優雅な装束の行列は、下鴨神社を経て上賀茂神社へと向かいます。今年のヒロイン・第58代斎王代は、京都市左京区出身で聖心女子大3年の長瀬摩衣子さんが務めます。

P4152833

過去記事→「京都葵祭2013第58代斎王代は長瀬摩衣子さん」

上賀茂神社の競べ馬の騎手が努める「乗尻(のりじり)」を先頭に、藤の花などを軒に飾った牛車(ぎっしゃ)・風流傘(ふりゅうがさ)、そして斎王代が乗る腰輿(およよ)と続く大行列は非常に優雅です。冠や衣装に挿したフタバアオイの葉も新緑に映え、行列に華を添えていました。今年は京都御所、北大路通、そして上賀茂神社で行列を見ましたが、何処も大変な混雑ぶりで、葵祭の人気を改めて知った一日でした。

P4152913

-行列コース-
京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 → 下鴨神社到着(11:40)
下鴨神社 出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通 → 北大路橋(14:55) → 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)

上賀茂神社では、蔵人所陪従(くろうどどころべいじゅう)が雅楽を奏しながら参道を進みます。新緑に包まれた神社はとても美しく、平安絵巻さながらの風情を楽しめました。その後、腰輿から降りた斎王代が続いて歩いていきます。十二単に身を包み、ゆっくりゆっくり進んでいきます。が、距離がありすぎて、全く見えませんでした。残念です。今回は葵祭を締めくくる「走馬の儀」を見ずに帰路についたので、来年またチャレンジしてみたいと思っています。

葵祭「路頭の儀」
開催日:5月15日
ホームページ:http://www.kamigamojinja.jp/kamo/index.html(上賀茂神社)、http://www.shimogamo-jinja.or.jp/(下鴨神社)