祇園祭 山鉾その30「役行者山」

修行僧の祖といわれる役行者が一言主神を使って、葛城と大峰の間に橋をかけたという伝承に因んでいるのが「役行者山(えんのぎょうしゃやま)」です。御神体は役行者を中心に、一言主神と葛城神の三体を安置しており、他の山と比べてひとまわりほど大きいつくりが特徴です。山に立てる朱傘も普通は1本ですが、こちらでは2本になっています。ご利益は「疫病除け」「交通安全」 「安産」。鈴鹿山と共に山鉾町最北に位置しています。

水引は「唐子遊戯図」綴錦、前掛は牡丹胡蝶文と雲龍文との3枚継ぎ、そして見送は「金地唐美人遊図」綴錦です。胴懸・角房の飾金具は黒漆塗板に28宿の金具を打った独特なもの。欄縁は雲龍文の透高浮彫の細工が前面に施されたとても緻密なものです。余談ですが、ストライプの衣装もとても素敵です。

23日2時ごろには、修験道の大本山「聖護院門跡」から50名ほどの僧侶を招き、町会所前で護摩焚きが執り行われます。毎年の巡行の無事を祈る恒例行事となっていて、辺りは大変な混雑になるとか。護摩焚きが鉾町のあの狭い路地で行われるなんて信じられないですね。また、山では期間限定で祇園祭の名物「役行者餅」が発売されます。こちらは東山区の老舗「柏屋光貞」のもので、なんとこのお店の店主ご自身が山伏の行者なんだそうです。人と人が繋がる、それが祇園祭。

役行者山
住所:京都市中京区室町通三条下ル役行者町
山建て:7月20日 午前8時~
授与品:粽、御守、御摩木、竹札ストラップ