真夏の夜空に浮かぶ「五山送り火」2013

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月16日。今年もご先祖の霊を送る「五山送り火」が行われました。東山如意ヶ嶽の「大文字」から始まり、松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金額時付近大北山の「左大文字」、嵯峨仙扇寺山の「鳥居形」の順番に点火され、町中がほのかな炎に照らされます。五山の送り火はお盆の精霊を送る宗教行事ではありますが、京都の夏の風物詩としても知られています。点火の時間が間もなくに近づく頃に、家族で観賞へ出かけていく姿は今も昔も変わらない光景です。

daimonji

今年も近くの橋から眺めることにしました。時間が近づくにつれどんどん地元の人々が集まってきますが、はしゃぐ子供達とは対照的に大人達は厳粛にその時を待ちわびていました。そして点火時間の8時。大文字から少しずつ炎が見えると、歓声が湧きます。時間をかけて赤く赤く染まる大の文字は、夏の暑さを忘れさせてくれるくらい美しいものです。

大文字・・・午後8時点火
妙法・・・・午後8時10分点火
船形・・・・午後8時15分点火
左大文字・・・午後8時15分点火
鳥居形・・・午後8時20分点火

hou

さらに北へ向かい「法」と「妙」も観賞しました。かすかではありますが、その姿が見えると嬉しいものです。我が家でも家族一緒に見る毎年の行事となりつつあります。当日の市内では交通規制なども行われていますので、車やバスでの移動は際はご注意ください。送り火が終わると京都の夏も終わる、京都にはそんな言葉があります。猛暑続きの今年の夏もそろそろ終焉へと向かうのでしょうか。

五山送り火
日にち:毎年8月16日
見やすい場所:鴨川・賀茂川堤防、北山通、高野川堤防、西大路通、松尾橋、広沢池、船岡山公園頂上
ホームページ:http://www.gozan-okuribi.com

コメントは受け付けていません。