京都水族館のアユの塩焼きドックが話題

こう猛暑が続くと、水族館やプールなどに涼を求めに出かけたいものです。そんな中、何やら京都水族館にて話題の食べ物があるとの情報を耳にしました。それは「アユの塩焼きドック」。見た目のインパクトがありすぎだと、Twitter上では早くも話題になっています。アユの塩焼きドックは「釣りキチ三平と魚たち展」のアユの展示にちなんで発売された期間限定商品(9月1日まで)です。アユの塩焼きを一尾まるごとやわらかなパンにはさみ大葉と蓮根チップをトッピングしたこの商品は、アユの塩味がパンと意外に好相性でビールに良くある一品と説明されていますが、その真相はいかに。

京都水族館過去記事→盆地の夏は暑すぎる…涼を求めて「京都水族館へ」

京都水族館では以前からユニークな商品を発売して話題になっています。カエルの卵風スープ(販売は終了)など見た目はちょっと、でも食べると意外に美味しいという意見も多いようです。興味のある方はぜひ一度、食べに足を運んでみては。

京都水族館
住所:京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
ホームページ:http://www.kyoto-aquarium.com