動乱を生き抜いた 坂本龍馬ゆかりの地「寺田屋」

言わずとも知れた京都の観光地といえば、伏見区にある幕末の風雲児・坂本龍馬ゆかりの地「寺田屋」です。土佐藩郷士として生まれ、剣術家、政治家、そして実業家としてマルチな才能を発揮し、大政奉還の成功に尽力した龍馬。ここ寺田屋には「寺田屋騒動」の際に残された刀傷や弾痕、おりょうが駆け上った階段、また当時の様子を伝える写真の展示などがあり、歴史好きならば外せない観光地となっています。現在の建物は再建されたものですが、この地を一目見ようと観光客が詰めかけます。私が以前訪れたときにも、大型のバスツアーが次から次へと到着していました。

関連記事→「坂本龍馬が暗殺された近江屋跡」

薩摩藩急進派を薩摩藩が鎮圧した文久2年の「寺田屋騒動」、そして2度目が慶応2年の坂本龍馬が伏見奉行所役人に襲撃された「寺田屋事件」の幕末史に残る事件の地でもある寺田屋。実はこちら宿泊することもできるんです。歴史に思いを馳せながら過ごす幕末ファンにはたまらない一日となること間違いないでしょう。寺田屋隣には坂本龍馬の碑や銅像、維新当時の井戸などもあります。坂本龍馬の誕生日と命日にあたる11月15日には暗殺され終焉の地となった霊山護国神社では「龍馬祭」も行われていますので、こちらもどうぞ。

近くの観光地→「子育て・安産を願う 御香宮神社」

寺田屋
住所:京都市伏見区南浜町263
営業時間:10時~15時40分(受付終了)
定休日:1月1日~3日、月曜日不定休あり(シーズンオフの場合)
見学料金:大人400円