夜の紅葉を初公開「毘沙門堂」2013

山科区にある「毘沙門堂」は天台宗五箇室門跡の一つで、山科盆地を見おろす盆地に位置する山腹に位置する古刹です。JR東海「そうだ京都、行こう」のキャンペーン地にも選ばれ春の桜、秋の紅葉の名所としても知られています。ご本尊に京の七福神のひとつ毘沙門天を祀っていることが寺の名前の由来となっています。本堂は今年修復され再建時の色鮮やかな姿が蘇っています。その本堂修復慶記念の一環として今年の秋、はじめて夜のライトアップを開催。今年のライトアップの目玉ともなっています。

内部には霊殿の守護龍で狩野永叔主信の作とされる「天井龍」や宸殿内部の襖絵・狩野益信の作「障壁画百十六面」などもあり見どころ十分です。境内北側にある江戸初期の回遊式庭園「晩翠園」はライトアップにより紅葉の美しさがさらに輝きを放っています。

お寺のホームページには22日現在、紅葉は盛りをむかえているとのことです。「境内は紅葉の最盛期に入っています。晩翠園(庭園)では、鮮やかな紅葉期に入りました。弁財天堂の周囲は見ごろ真っ盛りになっています。勅使門参道も遅ればせながら日々赤味をましています。ナンテンも赤くなった毘沙門堂、秋を実感しにお参りください。」初公開の夜の紅葉をお見逃しないよう。

毘沙門堂
住所:京都市山科区安朱稲荷山町18
日時:11月16日〜29日
時間:17時30分〜20時30分(閉門は21時・完全入替制)
ライトアップ拝観料:800円
ホームページ:http://www.bishamon.or.jp/index.html