六波羅蜜寺「空也踊躍念仏」

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今月13日から東山区の「六波羅蜜寺」で国の重要無形民俗文化財である「空也踊躍(ゆやく)念仏」が始まりました。昔京都の町に流行した悪疫退散のために、空也上人自ら念仏を唱えて病魔を沈めたといいます。そのことから「念仏の祖」ともいわれているのが空也上人です。鎌倉時代にはお念仏が弾圧を受けた時期がありましたが、空也上人が開山した六波羅蜜寺は法灯を絶やすことはできず、夕暮れ迫る頃に本堂内陣にて密かにお念仏を修し歴代の住職の口伝により現在まで伝えてられてきました。これが空也踊躍念仏にあたります。弾圧されながらも密かに続いてきたことから別名「かくれ念仏」ともいわれています。

IMGP1217

時間の4時になると住職から踊躍念仏について説明が行われます。念仏は南無阿弥陀仏という外部に聞かれて分かる言葉は唱えずに「モーダナンマイトー」というように聞かれても分かりにくいように唱え、通常の勤行のの中に組み込まれています。通常、念仏は唱えはじめると途中で止められないものなのですが、この念仏ではいつでも止めることができるようになっているのが特徴です。説明が終わるとついにお念仏が始まります。黄色の袈裟を来た4人の僧侶が出てきて、屏風の立ててある陰で鉦をたたきながら念仏を唱え体を前後に揺らしながら内陣内をまわります。僧侶がさっと消えていくシーンもあり、弾圧から逃れるための名残を感じました。最後には見物をした全員で「モーダーナンマイトー」を合唱し、今年の罪業消滅と新しい年が良い年であることをお祈りをします。そして、普段は入ることのできない内陣で焼香しお守りをいただきます。

IMGP1212

京都へ越してきてから長年見てみたいと思っていたお念仏をついに見ることができました。感無量です。800年もの間非公開だった念仏が、今ではこうやって一般人にも公開されているのですから見にいかないわけにはいきませんね。お堂内は撮影禁止で念仏の様子は足を運んだ人にしか見ることができません。ぜひご自身で体験することをオススメします。

IMGP1215

六波羅蜜寺
場所:京都市東山区轆轤町松原通大和大路東入2丁目‎
日時:12月13日〜30日(31日は非公開)
時間:16時〜16時30分
ホームページ:http://rokuhara.or.jp

コメントは受け付けていません。