いのしし神社「護王神社」

京都御所の西側、蛤御門の向かいに位置する「護王神社(ごおうじんじゃ)」は、狛犬の代わりに阿吽の「狛猪」が置かれている珍しい神社です。別名「いのしし神社」とも呼ばれ人々に親しまれています。

手水舎にも猪がおり、この霊猪の鼻を撫でるとご利益があるといわれています。見ると確かに鼻だけピカピカしています。なでなで。

御祭神は「和気清麻呂(わけのきよまろ)」とその姉「和気広虫姫命(わけのひろむしひめのみこと)」です。称徳天皇の寵愛を一身に受けた「怪僧」こと弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は、当時権勢を欲しいままにし、なんと自らが天皇になろうと企み、宇佐八幡宮の偽の神託を捏ち上げます。天皇は「信託の真偽を確かめよ」と和気清麻呂に宇佐八幡宮行きを命じます。そして、清麻呂が宇佐八幡宮で一心に祈ると、真の神が現れ、道鏡の得た神託が偽りであることを清麻呂へ告げます。その真相を天皇に報告すると、道鏡は烈火のごとく怒り、清麻呂を大隈国(鹿児島県)に流罪とします。大隈国に向かう途中、道鏡の陰謀で清麻呂は刺客に命を狙われますが、突然の落雷と大嵐によって守られます。しかし、この時に足の筋を切る怪我を負ってしまいます。実直な清麻呂は皇帝の安泰が守られたことを感謝し、再び宇佐八幡宮にお参りしようと向かったところ、突然300頭ほどの猪が現れ護ってくれたそう。そして宇佐八幡宮に着くころには足がすっかり治っていたというエピソードが残っています。このことから、護王神社は足腰の守護神としても知られています。私も本気でお願いをしてきました。

本殿前にそびえ立つ「招魂木(おがたまのき)」の根元には願掛け猪の石像があり、その周りには「座立亥串(くらたていぐし)」という願掛けの串が並んでいます。祈願絵馬のようなものですが、2本組になっていて1本は根元に串し立て、1本は家に持ち帰って神棚や玄関に祀るという形で、神様のおかげをより多く頂くという独特の信仰があります。

護王神社は「子育明神」としても有名です。姉の広虫姫は乱や飢饉により身寄りを失った子供達を自分の子のように育てるなどしたとても慈悲深い人だったそうです。清麻呂と共に流罪になりますが、称徳天皇の崩御後、都に戻ることを許された2人。その後、清麻呂は豊前守・摂津太夫を歴任するなどめざましい活躍をしています。平安京の遷都、日本初の私立学校の設立に尽くし、日本銀行券十円券には肖像も描かれ「忠義の英雄」として現在でも親しまれています。小規模な境内ですが深い歴史を知ると、とても有難い気持ちでいっぱいになります。境内の色々な場所に猪の姿があり、見つけて楽しむということもできますよ。

護王神社
住所:602-8011 京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町
TEL:075-441-5458
ホームページ:http://www.gooujinja.or.jp/
拝観料:無料