京都の年中行事「3月の催し・伝統行事」

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ寒い日が続きますが、3月に入ると春はすぐそこのような気分になります。そろそろ京都の町が最も華やかになる桜の季節の到来です。今年はどんな情景を見せてくれるのでしょうか。

3月第1日曜日 「梅・産(うめ・うめ)まつり」梅宮大社 約35種550本の梅が境内全域に植えられている梅宮大社で、シンボルでもある梅が見ごろを迎える頃に子授けと安産、諸々の産業繁栄を祈願するお祭りです。神酒や神苑の梅より造った梅ジュースの無料接待もあり。
ホームページ:http://www.umenomiya.or.jp

3月3日 「ひいな祭」市比賣(いちひめ)神社 「女人厄除」の神社として信仰を集める神社のお祭り。近隣の「ひと・まち交流館 京都」で、「男雛女雛の着付実演」「ひとびな勢揃(雛段)」「官女の舞」「平安貴族の遊び」(投扇興、双六、ひな茶接待など)などの行事が見れます。

3月3日 「流し雛下鴨神社 ひな人形をみたらし川に流し、子供たちの無病息災を祈る神事です。当日はかなり混み合います。

3月3日 「春桃会(しゅんとうえ)」三十三間堂 「三十三間堂」の名前にちなんで「三」の重なる桃の節句に行なわれる法会です。華道池坊の献花式と華展、瀬戸内寂聴師の青空説法や千体観音像を特設の高壇から遥拝するなど、境内はお祭りムードいっぱいです。当日は無料公開、限定の女性専用「桃のお守り」も授与されます。

3月初旬~中旬(2017年は3日~12日まで) 「東山花灯路2015」東山周辺 清水寺、円山公園、高台寺、八坂神社と観光スポットが並ぶ東山周辺が行灯の灯りといけばなの花で彩られます。いつもとは違う夜の町を散策してみては。イベント盛りだくさんです。過去記事→東山花灯路2012清水寺「東山花灯路2012知恩院」

3月9日 「雨乞祭」 貴船神社 農耕作業の始まる時節を前に、今年一年の天候の順調、適度な雨の恵みと五穀豊穣を祈念します。雨乞祭に引き続き行絵馬焼納式も行われます。

3月10日 「芸能上達祈願祭」 法輪寺 本尊の虚空蔵菩薩は芸能守護の仏様として知られおり、祈願祭では芸の上達を願う祈願法要が本堂で営まれた後、茂山忠三郎社中による奉納狂言が行われます。

3月13日 「十三まいり」法輪寺 古来より京都では営まれてきた習慣です。かぞえ年十三歳に成長した男女が成人の儀礼として3月13日から5月13日までの間に法輪寺に参詣し、十三歳の厄難を払って智恵を授かりに行きます。
帰りはいただいた智恵や福徳をなくさないよう、渡月橋を渡り終えるまで後ろを振り向かないという風習もあり。

3月15日 「お松明式・涅槃図、嵯峨大念仏」 嵯峨釈迦堂 清凉寺 京都三大火祭の一つである嵯峨のお松明は圧巻の一言。約7mの高さに組まれた大松明は三基組み立てられ、それぞれ早稲(わせ)・中稲(なかで)・晩稲(おくで)と呼ばれ、その火の勢いで毎年の農作物の豊凶を占うとされています。京都三大念仏狂言の一つ、嵯峨大念仏狂言(国・重要無形民俗文化財)が行われ、日中は本尊の釈迦如来像が無料公開と大勢の人で賑わいます。

3月中旬(2014年は14〜15日)「青龍会」 清水寺 東山山系「青龍」の地に位置する清水寺。荘厳な装束に身を包んだ一行と青龍が、奥の院から音羽の瀧、経堂、三重塔、西門、門前町を経て、再び仁王門から轟門、本堂へと、境内をぐるりと練り歩きます。見学は無料。

3月21日 「和泉式部忌」 誠心院 平安時代の歌人として有名な和泉式部が初代住職のお寺で、命日に当たる3月21日に式部ゆかりの謡曲、「東北」「誓願寺」が奉納されます。

3月22日 「千本釈迦念仏」千本釈迦堂 お釈迦さまを偲んで行われる法要で、兼好法師の「徒然草」にも記載のある伝統行事です。

3月後半 「京都大アンティークフェア」パルスプラザ(京都府総合見本市会場)大展示場 日本全国から300店以上の古美術・アンティークディーラーが集結し展示即売を行います。刀剣、掛軸、陶磁器、古民具、着物、版画、書画、アジア雑貨など、外国の方も多めです。(今年2016年は3/25~3/27まで)

3月31日 「はねず踊りと今様」 随心院 小野小町と彼女を慕った深草の少将の物語を、二人に扮し華やかな衣装に身をつけた少女たちが踊ります。はねずとは「薄紅色」のことで、ここの梅も親しみを込めてそう呼ばれていたそう。春にのみ特別公開される梅園も見所の一つ。

コメントは受け付けていません。