京都・祇園祭2014 前祭 宵々山の祇園囃子

今年も盆地特有の蒸しっとした暑さがやってきました。いよいよ祇園祭も本番を迎えます。今年は屋台が出るのが宵々山と宵山ということになり、昨日14日は去年より5万人多い28万人の人出となりました。午後6時から歩行者天国が始まり、あっという間に通りは人でいっぱいになります。陽が落ちても汗が滝のように出る厳しい暑さのなか、今年も宵々山へと出かけてきました。


(動画は鶏鉾、月鉾、函谷鉾、長刀鉾の順番です。)

遠くから聞こえてくる祇園囃子のコンチキチンを聴くと、あー今年も祇園祭に来たんだと感慨深い気持ちになります。京都に来て3年経ちますが、祇園祭は行く度に違った魅力がある特別なお祭りです。今年は山鉾付近の露店がずいぶんと減り、烏丸通に集結していましたね。豪華な懸装品を眺めたり、風情の残る町を楽しむという本来の祇園祭に近づいていた気がします。日が落ちて駒方提灯にぽつりぽつりとあかりが灯りはじめると宵山の賑わいもピークを迎えます。

今年から後祭(あとまつり)・大船鉾の復活、そして宵々山・宵山も二度あるという昔本来の姿に戻ります。変わりゆく祇園祭。今年もめいっぱい楽しみます。

過去記事→「祇園祭2012 駒形提灯が点る宵々山」「日本三大祭「祇園祭」の歴史」

祇園祭 宵々山
日時:2014年7月15日
ホームページ:https://www.kyokanko.or.jp/gion/