京都・愛宕神社で「千日詣り」

一ヶ月にわたる祇園祭がついに終わる7月31日。この日の夜半から早朝にかけて、愛宕神社で行われるのが「千日詣り」です。この日に詣でると千日分の功徳が得られる云われ、また3歳までに詣でると一生火難から逃れるといわれています。当日は麓の清滝から山頂の愛宕神社までの約4kmの登山道には明かりが翌朝まで点灯され大勢の参拝者で賑わいます。

主な神事
7月31日午後21時 夕御饌祭(ゆうみけさい)…山伏によるゴマ焚き神事あり
8月1日午前2時  朝御饌祭(あさみけさい)…人長の舞奉奏、鎮火神事あり

主な登り口は表参道と呼ばれる清滝(男坂)、裏参道の水尾(女坂)、周山街道からの愛宕道、櫁原(しきみがはら)をいれると4ヶ所があります。一般的なルートは清滝からで、所要時間は往復で約3~4時間です。JR嵯峨嵐山駅~京福電鉄嵐山駅~阪急嵐山駅の間は各1km程だそうです。清滝には駐車場は1箇所のみで、道が狭いので路上駐車は出来ませんので注意下さい。当日は交通規制される場合があります。交通の詳細は京都バス時刻表をご参考認下さい。62・72系統バスが清滝行きです。

参道で行き交う登山客たち「おのぼりやーす」、「おくだりやーす」といい、励ましあうのが習わしなんだそう。こういうの何だか良いですよね。一度は家族でチャレンジしてみたいものです。

愛宕神社「千日詣り」
住所:京都府京都市右京区嵯峨愛宕町1
日時:7月31日
ホームページ:http://kyoto-atago.jp/index.html