京都・知恩院 除夜の鐘 試し撞き

日本三大梵鐘と言えば、東大寺、方広寺、そして知恩院です。

1636年に鋳造された知恩院の大梵鐘は、重量70トン、高さ3.3メートル、外径28メートル、厚み30センチの威風堂々とした造りです。

大晦日を迎える前の大梵鐘の試し撞きは、毎年12月27日に行われています。親綱をひく僧(1人)と子綱をひく僧(16人)が「え〜い、ひと〜つ」「そ〜れ」の掛け声に合わせて除夜の鐘の本番さながらの迫力で鐘撞きを行いました。

撞き始めは14時からですが、何回か撞くのを見ると観光客もカメラマンも入れ替わるので、焦らなくても少し待てば間近で見ることができます。円山公園一帯に鐘の音が響き渡ると年の瀬を実感します。

場所:知恩院
開催日:毎年12月27日 14:00~