京の七夕 その2「元離宮二条城」

「京の七夕」で世界遺産「元離宮二条城」でもライトアップが行われています。

8月6日〜8月15日の期間中は19時から入場無料になります。
日常に目にしている二条城の石垣や正門もライトアップされると一段とその存在感が大きくなります。
改めて感じるこの大きさ。デカい。スゴい。

「メッセージ行灯」には、朝原宣治(元陸上競技選手・北京五輪銅メダリスト)・奥野史子(スポーツコメンテーター・バルセロナ五輪銅メダリスト)、井上八千代(京舞井上流五世家元)、片岡仁左衛門(芸能)、片山幽雪(観世流能楽師)、里中満智子(漫画家)、茂山千作(狂言師)、瀬戸内寂聴(作家)、千玄室(茶道裏千家前家元)、東儀秀樹(雅楽演奏家)、中村玉緒(女優)、益川哲雄(京都産業大学教授)、松本紘(京都大学総長)、萬福寺、森光子(女優)、山折哲雄(宗教学者)などの京都にゆかりのある著名人からの、被災地への願いや被災地に向けた言葉が提供されています。

そして「D-K LIVE」と名付けられた特殊なライティング「デジタル掛け軸(DーK)」で、妖艶に彩られた「二の丸御殿」が闇夜に美しく浮かびます。刻々と変化する絵柄と「二の丸御殿」の輪郭が見事で、何分も立ったままその光景に見入ってしまいました。個人的にはこの「D-K LIVE」が「京の七夕」の一押しスポットです。来年もぜひ新しい絵柄でやって欲しいです。

「堀川遊歩道」の奥まで行ってしまうと時間帯的に帰りの足に困るので、時間の少ない旅行者の方や脚力に自信のない方は、この「元離宮二条城」で「京の七夕」をお楽しみいただければと思います。場内では東北物産展も催されていて「萩の月」「牛タンスティック」「白石温麺」「熊の手ラスク」「ほんのりピーチ」「ゆきんこうさぎ」などの名産品を購入することもできます。さらにピアノとヴィオラによる演奏会なども催されます。詳細は下記の「京の七夕」オフィシャルサイトでご確認ください。

そして、写真を撮る側の人間としてのお願いですが、ぜひとも浴衣を着てご来場ください。

京の七夕
主催:京の七夕実行委員会
ホームページ;http://www.kyoto-tanabata.jp/
問い合わせ:Tel075-222-4133

 →京の七夕 その1「堀川遊歩道」
 →京の七夕 その2「元離宮二条城」
 →京の七夕 その3「第42回 鴨川納涼」