六道珍皇寺「六道まいりの迎え鐘」

京都のお盆には毎年8月7日~10日までの4日間、「お精霊さん(しょうらいさん)」と呼ぶご先祖の御霊をを迎えるため「六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)」に参詣するという「六道まいり」の風習があります。平安時代、鳥辺野(とりべの)と呼ばれる埋葬地へ続く道に面していたこと、この世とあの世の分岐点「六道の辻」があったこと、そして昼は朝廷・夜は閻魔大王に仕えたという摩訶不思議な伝説の持ち主である小野篁(おののたかむら)が冥府へと通う入口が六道珍皇寺にあったため、六道まいりの習わしがこの場所に生まれたそうです。「六道」とは仏家のいう、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六種の冥界を指し、死後霊は必ずそのどこかに行くといわれています。

まずは境内参道の花屋で高野槇(こうやまき)を購入し、本堂で水塔婆(みずとうば)に戒名を書いてもらいます。そして精霊を迎える為に「迎え鐘」を撞きます。この鐘の音はあの世まで響くといわれていて、お精霊さんはこの鐘の音に呼び寄せられるそうです。迎え鐘は鐘堂の中にあるのでみることはできませんが、参詣者は堂前から出ている太い綱を引いて鐘を鳴らします。本堂にて蝋燭ををあげ、線香の煙で水塔婆をお清めし、最後にお地蔵さんが並ぶ「賽の河原」に水塔婆を納め高野槇で水をかけます。水塔婆の奉納が済めば、鐘の音に呼ばれたお精霊さんは高野槇に乗り、懐かしい家へと帰還されます。期間中は行列が絶えず、以前行ったときとは全く違う雰囲気に包まれていました。響き渡る鐘の音とお線香の香り。私も小さな頃から毎年祖母に連れられてお墓参りに行ったものです。「ご先祖は大切にしないといけない」と深く手を合わせるその姿は今でも忘れられません。先祖を敬い、大切にする土地柄の京都を何だか身近に感じることできた1日でした。期間中は特別拝観以外公開されない薬師堂の本尊薬師如来像をはじめ、閻魔大王像や小野篁像も間近に拝むこともできますのでお忘れなく。

帰り際には、六道珍皇寺に向かう家族連れを多く見かけました。親から子供へと繋がれていくこの大切な風習がこれからも代々続いていくことを思うと、なんだかとても感慨深い思いでいっぱいに。次はお精霊さんを見送る16日の夜「五山送り火」へと続きます。

六道珍皇寺
住所:京都市東山区松原道東大路道西入ル小松町595
電話番号:075-561-4129
拝観料:無料 
拝観時間 9:00~16:00 ※六道まいり期間中は6:00~23:00