毎月25日は北野天満宮「天神さん」

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

学問の神様である菅原道真公をお祀りしている「北野天満宮」。人々からは「天神さん」の名で親しまれています。学業成就の神さまとして修学旅行生が訪れる神社ですが、毎月の縁日にあたる25日には、参道に屋台が並び周辺道路にもぐるりと市が立って、特に大勢の参拝者たちで賑わいます。

菅原道真公の誕生日である6月25日と薨去2月25日に因み、毎月25日が縁日となっています。境内だけではなく周辺にも沢山のお店が賑わい、辺りは何だかとても賑やか。聞けば約1000店もの店が並ぶそうです。「着物」「骨董」「古着」「衣料品」などを扱うお店が大半を占めますが、ジャンク品や昭和の品々・西洋アンティークなどのお店もちらほらみられます。数あるお店からお気に入りを探すってやっぱり醍醐味。「手作り市」とは一味違い、手頃な値段で長時間楽しめることができるので家族連れなどには良いかもしれません。近所の方がフリーマーケットしていたり、通りのお店屋さんが野菜や乾物を販売していたのがとても印象的です。何だか懐かしい地元に久々帰った気分。日没からは350燈の石灯籠に火が灯され、また違った雰囲気の縁日を楽しむことができます。特に桜の季節はオススメです。

毎月25日おこなわれる天神さんですが、1月25日の「初天神」と12月25日の「終い天神」は例年約15万人の参拝者が訪れるといわれる特別なものです。「初天神」は、新春の一番の天神さんとして入試を控える受験生・父母などの参拝が多く見受けられるそう。時期的に白梅・紅梅が咲き始めるころで、その梅の美しさも堪能できるといわれています。終い天神はお正月の祝箸やお屠蘇が授与され、参道にはこの日だけ「新巻鮭」「〆飾り」「葉ボタン」などのお正月用品も立ち並びます。一年中を通して、色々な楽しみ方ができる天神さん。いつでも足を運びたくなる、そんな親しみ深い縁日のひとつです。

2011年10月1日追記:北野天満宮の関連記事
 北野天満宮「ずいき祭 -神幸祭-」
 野菜で作った「ずいき神輿」

北野天満宮
住所:〒602-8386 京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所
電話:075-461-0005
拝観時間:9:00~17:00 ※縁日は6:00~21:00頃まで
拝観料:境内無料(宝物殿は有料・300円 1/1・12/1・毎月25日・4/10~5/30)
ホームページ:http://kitanotenmangu.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>