宇治観光その2「宇治上神社」

「平等院」から宇治川を渡り、世界遺産である「宇治上神社(うじかみじんじゃ)」へ。観光客で賑わう平等院とは一味違い、ひっそりとした趣に思わず姿勢を正します。明治維新までは近くにある「宇治神社」と合わせて「宇治離宮明神」と呼ばれていたこともあるそうです。その創建年代は不詳という歴史深い場所でもあり、平等院建立の際にはその鎮守社として崇敬を集めました。

門をくぐると、円錐形の小さな二つの山「清め砂」の後方に国宝の「拝殿」が見えます。鎌倉時代に前期に建築された寝殿造りで、現存する最古のものです。一見、本殿と間違えてしまうくらいの風格が漂います。屋根の形が優美で妻に庇をつけた縋破風(すがるはふう)の美しさも必見ですよ。拝殿の後ろ側にある「本殿」は、流造り(ながれづくり)・桧皮葺(ひわだぶき)で、内部にはさらに一間社流造り(正面・側面とも幅が一間)の三棟の内殿を一列に並べ、共通の覆い屋で覆った特殊の構造をしています。平安時代後期の遺構とされ、こちらもまた日本最古の神社建築といわれています。なぜ内殿が三棟あるかというと、御祭神が応神天皇・仁徳天皇・菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)の三人いるからだそうです。菟道稚郎子は応神天皇の皇子で兄である仁徳天皇に皇位を譲る為、自ら命を絶ったという悲しい話がここには残されています。皇位の座を奪い合うのではなく、お互い譲り合うという切なくも美しい兄弟愛。菟道稚郎子が暮らしていた跡地に社殿が建つと伝えられています。

右手には宇治七名水のひとつ、桐原水(きりはらのみず)がこんこんと湧いています。現在、宇治七名水で唯一残っている貴重な名水です。こちらをそのまま飲むことはできませんが、お茶の水にと汲んで帰る人も多いそうです。「お茶」ということころが宇治ならではですね。

また、宇治は「源氏物語」の終焉の舞台としても知られています。第45帖目の「橋姫」から最終の「夢浮橋」までの十帖部分は「宇治十帖」と呼ばれ、「橋」に始まり「橋」で終わっています。舞台が都から宇治へと移す「橋」であり、主人公・光源氏から子・薫、孫・匂宮へとバトンタッチされる「橋」でもあります。近くには「源氏物語ミュージアム」もあり、物語のもっと深い部分を知ることができます。以前訪れたときにとても楽しめたところなので、個人的にとてもお勧めの場所です。歴史が深く、大人が十分に楽しめる場所・宇治。観光のプランの一つにいれてみては?

宇治上神社
住所:〒611-0021 京都府宇治市宇治山田59
TEL:0774-21-4634
拝観時間:8:00~16:00 拝観料:無料

源氏物語ミュージアム
住所:611-0021 京都府宇治市東内45-26
TEL:0774-39-9300
ホームページ:http://www.uji-genji.jp/
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜日・年末年始
観覧料:500円

2011年10月10日追記:「京都・宇治灯り絵巻2011」の一環として「宇治上神社特別夜間拝観」が行われました。イベントの様子と写真は、京都・宇治灯り絵巻2011「宇治川」の記事をお読みください。