英ガーディアン紙が選んだ「恵文社」

本が好きな私にとってずっと行きたいと思っていた場所があります。それは叡山電鉄・一乗寺駅近くにある本屋「恵文社」一乗寺店。本屋とはいっても世界中の雑貨やCD・DVDも扱っていたり、ギャラリーも併設していたりと「本にまつわるあれこれセレクトショップ」というのがコンセプトのようです。「新しい本」を紹介するだけではなく、一冊一冊スタッフが納得いくものをおすすめしたいというこだわりを持ち、本のもつアナログ感や情報伝達のスローさなどを大事にしているというお店です。

お店は本を扱う「書店」、隣に衣食住の中心とした生活にまつわる書籍を扱う「生活館」、書店・奥の併設のギャラリー「アンフェール」の三つに分かれています。少し暗めの照明の中、アンティークの家具と沢山の本がずらりと並びとてもお洒落。京都の旅に関する情報誌、ファッション誌、絵本、美術関連、旅行、洋書などが並びます。本を手にとってはまた次、隣の本がどんどん気になり、いつの間にか移動しながら読んでしまいました。古本コーナーなどもあり、掘り出し物を探すのも楽しいですよ。「生活館」には「クウネル」や「アルネ」などのライフスタイル誌が多くありました。そして見つけたのは年代物の「暮らしの手帖」。きれいに保存されている物が多く購買意欲がむくむくと湧いてきます。魅力的な本が沢山あるので、ついつい長居してしまいます。

生活館にはミニギャラリーもあり、期間ごとに違った楽しみ方ができますよ。「アンフェール」では地元の学生や無名のアーティストたちへの場所のレンタルや恵文社企画の展覧会の開催など、新たな才能を発掘する場所となっています。機能的な文房具やカラフルな便箋、アクセサリーなどが多くあり、さらにお洒落感満載です。系列店として京都市内から少し離れた長岡京市に「恵文社バンビオ店」があります。こちらはコミックや同人誌などのエンターテイメントのジャンルと絵本と児童書を扱っています。

恵文社は2008年・イギリス・ガーディアン紙が選んだ「世界の素晴らしい本屋さんベスト10」に日本から唯一選ばれています。世界にも認められる本屋が近所にある幸せをしみじみ感じます。ゆっくりと本を選ぶそんな優雅な時間を恵文社にて過ごしてみてください。文科系女子だけでなく、男子にもお勧めです。

恵文社一乗寺店
住所:〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10
TEL/FAX: 075-711-5919
ホームページ:http://www.keibunsha-books.com/
営業時間:10:00~22:00(年末年始除く)

恵文社バンビオ店
住所:〒617-0833 京都府長岡京市神足2-2-1 バンビオ2番館 2F
TEL:075-952-3421
ホームページ:http://www.keibunsha-bambio.com/
営業時間:9:30~22:00(年末年始除く)