梨木神社「萩まつり:上方舞奉納」

京都御苑に隣接した梨木神社は「萩の宮」とも言われ、京都を代表する萩の名所として知られています。毎年第3日曜か第4日曜の前後に「萩まつり」が行なわれます。今年は9月17日〜19日の日程です。今年は桜も躑躅も開花が遅れました。例年になく残暑が厳しいせいか、「草冠に秋」と書く「萩」はまだ秋の訪れを感じていないらしく、境内に植えられた500株の萩もまだ咲いていませんでした。

昨年から続いていた社殿の改修工事もようやく無事に仕上がって、本殿、拝殿、舞殿への参拝が再開されています。新しい銅屋根は歳月の経過とともに美しい緑色へ変化していくことでしょう。舞殿では、今年も「上方舞奉納」が舞われました。

(地唄「萩の露」吉村桂充)

(地唄「猩々」山下昌子)

(上方唄「露は尾花」富島美樹子・北島由美子)

 「上方舞」は日本舞踊の一種で「座敷舞」「地唄舞」などとも呼ばれ、江戸時代後期に京都の御殿舞から生まれ、京都と大阪で発展した上方の日舞です。「吉村流」は幕末に京都御所に出仕した狂言師が始めた御殿舞を源流とし、明治初期に吉村ふじが創始した一流です。しっとりと艶やかな仕草の舞踊が、小雨に濡れた境内の雰囲気と相まってとても良かったです。

2011年9月17日「上方舞奉納」(唄・三味線:市川佐代子)
地唄「八島」富島美樹子
地唄「名護屋帯」北島由美子
地唄「猩々(しょうじょう)」 山下昌子
上方唄「露は尾花」富島美樹子・北島由美子
地唄「萩の露」吉村桂充

上方舞友の会
事務所:〒154-0021東京都世田谷区豪徳寺1-15-8
ホームページ:http://www.kamigatamaitomonokai.org/

梨木神社
住所:〒602-0844 京都府京都市上京区寺町通広小路上る染殿町680
ホームページ:http://nashinoki.jp/
拝観:無料