明治時代に創建された「平安神宮」

京都観光の定番と言えば「平安神宮」です。平安遷都1100年を記念して明治28年に創建されました。祀られているのは、平安京を創始した桓武天皇と、その平安京最後の帝である孝明天皇です。その建設費用は明治政府からではなく、京都市民を中心とした全国からの寄付金によって賄われました。

入口の朱塗りの大鳥居を見上げると、青空とのコントラストの美しさにはっとします。日本最大級の「大鳥居」は昭和初期に建設されたものです。高さは何と24.4メートル。建設計画当初は、周囲の景観を損なうという反対意見もありましたが、現在では京都のランドマークの一つとして定着しています。

表参道を進み「応天門」をくぐると「大極殿(だいごくでん)」が目の前に現れて、左右には「白虎楼(びゃっころう)」と「蒼龍楼(そうりゅうろう)」が見えます。敷地の広さに圧巻ですが、社殿の朱色の美しさが見事です。多くの観光客が思い思いにシャッターを切る姿があちこちで見られます。

]

社殿は桓武天皇が開いた当時の平安京の正庁・朝堂院が八分の五の規模で忠実に再現されています。平安時代の人々が畏敬を込めて見上げたであろうその姿です。創建当時は大極殿、応天門、蒼龍楼、白虎楼、歩廊・龍尾壇(りゅうびだん)だけでしたが、孝明天皇ご鎮座にあたり本殿、祝詞殿、内拝殿などが増改築され、これまでの社殿も修理が行われました。しかし、人々の強い願いと寄付によって建設されたここ平安神宮は、昭和51年に本殿の一部が焼失してしまいます。現在の形は昭和54年に復興されたそうです。

境内にある池泉回遊式庭園の「神苑」は拝観料600円ですが、毎年6月上旬と9月下旬の各1日間だけ無料公開されています。日程は毎年の開花に合わせて変更されます。2011年の無料公開は6月3日と9月19日です。

平安神宮
住所:〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町
TEL:075-761-0221
ホームページ:http://www.heianjingu.or.jp/index.html
拝観:無料
参拝時間:8:30~18:00(閉門時間 3/1~3/14・10/1~10/31は17:30、11/1~2/末は17:00)
駐車場:有料

神苑
拝観料:600円
神苑拝観:8:30~17:30(受付終了 3/1~3/14・10/1~10/31は17:00、11/1~2/末は16:30)