実相院「紅葉・石庭ライトアップ」

京都岩倉にある「実相院(じっそういん)」の夜間特別拝観「紅葉・石庭ライトアップ」に行って来ました。

実相院は江戸時代に寺門派三大門跡の地位を確立した由緒ある門跡寺院(天皇家の血継者が住職を務める寺門)です。正面の四脚門、御車寄、客殿は、東山天皇の中宮・承秋門院の旧殿を移築したもので、歴史的に貴重な女院御所の遺構です。

実相院は、床に反射した紅葉の四季彩を楽しむ「床もみじ」が有名になっていますが、残念ながらそちらは室内なので撮影禁止です。個人的には「床もみじ」よりもこの広大な枯山水の石庭が気に入りました。比叡山を借景としていてスケール感があります。夜間拝観のときは山々が見えにくいですが、目が暗闇に慣れてくると徐々にその雄々しい輪郭が浮かび上がってきます。昼間は北側一帯に広がる紅葉林が押し寄せてくるようです。

奥の書院と客殿との間にあるのが山水庭園です。池に紅葉が映り込んで2倍の紅葉を楽しむことができます。カエデ以外にも多くの種類の草花が植えられていて、ここで暮らせば日々刻々と変化していく自然の四季彩や香りを愛でることができるのだろうと感じました。羨ましい。

龍安寺の石庭と実相院の石庭や山水庭園を見ていて、ふと気付いたことがあります。庭園に白い石や池を配置しているのは、もしかして太陽光を反射させて室内に取り込むための工夫だったのではないかと。設計当時は蛍光灯なんてあるはずもなく、室内は日中でも薄暗かったはずです。地面に池や白石があれば、それが反射鏡の役割をして太陽光が室内へ導かれていたのでは?と思いました。確証はないです。

 →その他の写真:WEB京都写真集「実相院:紅葉・石庭ライトアップ

実相院「紅葉・石庭ライトアップ」
期間:2011年11月18日ー11月27日
時間:18時ー21時(昼間は9時ー17時)
ホームページ:http://www.jissoin.com/
住所:京都府京都市左京区岩倉上蔵町121
電話:075-781-5464
拝観料:500円
駐車場:無料(台数制限:要問合)