アグネスイルミネーション2011

平安女学院・京都キャンパスでは、毎年恒例のクリスマスイルミネーション「St. Agnes’s illumination 2011」が11月26日から点灯スタートしました。今年のテーマは「希望の灯(あかり) ~明日に向かって~」です。

震災以前の年度から毎年ずっと省エネに配慮してきた「エコロジーイルミネーション」で今年も点灯されています。太陽光エネルギーやLEDランプ、水力エネルギーも利用し電気代は1日約700円とのことです。点灯時間帯には学院全体の不要照明を消灯して、さらなる電力使用量削減を実現しています。この「エコロジーイルミネーション」を通して、東日本大震災の被災地復興への祈りと省エネルギーを呼びかけるイベントとなっています。

このアグネスイルミネーションは、国際観光学部の実行委員会を中心に企画から飾り付けまでを学生自身と先生が協力しての手作りで仕上げています。平和への願いを込めて制作された「ピースツリー」を形作っているペットボトル300本の側面には、平安女学院の学生一人一人によって平和へのメッセージが書かれています。手づくりだからこそ、LEDライトなのに不思議と温かな光に見えるのだと感じました。

観光名所のライトアップとは違った手作りの良さに溢れたクリスマスイルミネーションでした。まだ混雑もしていないので穴場の観光スポットです。

 →その他の写真:WEB京都写真集「平安女学院アグネスイルミネーション2011

平安女学院アグネスイルミネーション2011
期間:11月26日ー12月25日
時間:16:30ー21:00
会場:平安女学院 京都キャンパス
住所:〒602-8013 京都市上京区烏丸通下立売西入
電話:075-414-8154(広報)
最寄駅:丸太町駅から北へ徒歩3分

京都の夜は、まだまだ他にもたくさんのライトアップやイルミネーションが点灯されています。一覧はトコトコト「京都ライトアップ2011秋冬」でチェック。