京都・嵐山花灯路2011

2011年12月9日から12月18日まで、渡月橋を中心とした嵯峨・嵐山一帯で「京都・嵐山花灯路2011」が開催されています。


(渡月橋 中の島公園)

渡月橋と山裾、水辺一帯がLED照明でライトアップされていました。写真では青々と写っていますが、実際にはもっと淡く色付いている印象で光量は少なめです。中之島公園には、2mくらいはありそうな竹造りの和製巨大行灯が光り輝いていました。中の島公園では毎日17時半から先着100組限定で一花街の舞妓さんと記念撮影ができます。

法輪寺では、長谷川章が創作した『D-K(デジタル掛け軸)』と名付けられた「プログラムでランダム合成される100万枚の画像を複数台の大型プロジェクターから文化財へ投影する」という光の芸術が行なわれていました。夏の「京の七夕」の際には、二条城二の丸御殿でも行なわれています。長い歴史を風化することなく耐え抜いた建築物の持つ太い輪郭の上で、刻々と無限大に変化し続ける光は何時間観ていても飽きません。


(法輪寺から観た京都タワー)

法輪寺の展望スペースからは京都市内の夜景が一望できます。闇夜に浮かぶ京都タワーは本物の和ろうそくに見えます。ここからなら12月10日の皆既月食も見やすいかもしれません。


(宝厳院 もみじトンネル)

「宝厳院」や「常寂光寺」「二尊院」「落柿舎」などのお寺でも「京都・嵐山花灯路2011」に合わせて夜間特別拝観が行なわれています。拝観は20時半までですが、受付は20時に終了となるのでご注意ください。「野宮神社」と「法輪寺」は拝観無料です。

 →その他の写真:WEB京都写真集「京都・嵐山花灯路2011

会場エリアがそれぞれに離れていて人混みもあるので「法輪寺」や中の島公園なら阪急嵐山駅が便利です。JR嵯峨嵐山駅からは「二尊院」まで無料ジャンボタクシーが15分置きに運行しています。「竹林の小径」や野宮神社を散策するなら嵐電嵐山駅が近いです。

京都・嵐山花灯路2011
開催期間:2011年12月9日ー12月18日
点灯時間:17時ー20時半
会場エリア:嵯峨・嵐山一帯
ホームページ:http://www.hanatouro.jp/