迎春準備「北野天満宮:終い天神」

北野天満宮で毎月25日に開催される縁日「天神さん」ですが、特に師走の12月25日の「天神さん」を「終い天神」と呼んで、京都の一年を締めくくる恒例行事になっています。

毎年約15万人の参拝客と買物客で賑わいます。正面参道は溢れんばかりの人、人、人。骨董品や衣料品の他に、お正月用品の荒巻き鮭、注連飾り、カズノコなどが立ち並びます。今年の終い天神は日曜日ということもあり、家族連れの姿が多く見られました。

正面参道から楼門を見上げると、来年の干支「辰」が描かれた巨大絵馬が飾られ、境内は既に迎春ムードに包まれていました。

参拝を済ませてから、社頭にて「大福梅(おおふくうめ)」(1袋500円)の授与を受けました。6粒ほどの梅に、手の平ほどの大きさに揃えた縁起物の裏白が添えられ奉書紙で包まれています。新年に梅の実に白湯又はお茶をかけて飲むことで一年間の招福息災を祈ります。12月13日より授与がはじまりますが、数に限りがあるのでお早めにどうぞ。

北野天満宮「終い天神」
住所:京都市上京区馬喰町
開催日:毎年12月25日
時間:終日
拝観料:境内無料
ホームページ:http://kitanotenmangu.or.jp/