京都初詣2012「松ヶ崎大黒天」

京都の夏の風物詩・五山の送り火の「法」のちょうど真下に位置するのが「妙円寺」です。京都七福神の一つである大黒天を祀っており、「松ヶ崎の大黒さん」と呼ばれ親しまれています。参道には何故か鳥居があり神社と間違えがちですが、日英上人開基の日蓮宗のお寺です。1969年に火災により堂宇を焼失しますが、守護神の大黒天尊だけは無事であったことから「火中出現の大黒天」ともいわれています。

険しい石段を登ると山門が見えてきます。本堂前には「なで大黒天」の姿があり、自分の身体の悪い部分と同じ場所を撫でて平癒を祈願します。訪れた日は、ちょうど大黒天像が開帳される「甲子祭(きのえねさい)」が営まれていた為、大勢の参拝客の姿が見られました。甲子祭では大黒天像を型取って作られた「開運の御幣(ごへい)」を授与することができます。それを60日間神棚などに祀って次の甲子祭で新しい物に交換すると、開運招福・商売繁昌などの守護が受けることができるいわれています。甲子祭の日は、境内にある絵馬堂では名物の「大黒天そば」(200円)を味わうことができます。オススメですよ。妙円寺東側には安産祈願・火の用心祈願の「白雲稲荷神社」もあります。

何とも幸せそうな大黒天のお顔は心を安らかにしてくれます。地下鉄烏丸線・松ヶ崎駅から徒歩で10分ほどなので、移動には地下鉄がオススメです。余談ですが、ここ松ヶ崎大黒天はアニメ「けいおん!」の「第22話受験!」に登場したロケ地としても有名です。聖地巡礼の際はお忘れなく。


(TBSアニメーション けいおん!)

松ヶ崎大黒天(妙円寺)
住所:京都市左京区松ヶ崎東町31
TEL:075ー781ー5067
参拝時間:9時〜16時30分
拝観料:無料
駐車場:無料(数台)