東福寺・名庭「方丈庭園」

東山区にある「東福寺」は、鎌倉時代の公卿・九条道家により九条家の菩薩寺として九条通りに建立された禅寺です。奈良の最大の寺院である「東大寺」、そして最も隆盛を極めた「興福寺」から一字ずつ取り東福寺と名付けられました。

ずっと訪れてみたかったのが中央に位置する「方丈庭園」です。近代の造園家・重森美玲による作庭で、方丈の四方を囲み「南庭」「西庭」「北庭」「東庭」と4つの庭に分かれているのが特徴的です。「蓬莱」「方丈」「瀛洲(えいじゅう)」「壺梁(こりょう)」「八海」「五山」「井田市松(せいでんいちまつ)」「北斗七星」の八つを八相成道(釈迦の生涯の八つの重要な出来事)に因んで「八相の庭」と命名されています。

冷んやりとした廊下を進むと左手に南庭、右手に東庭が見えてきます。広さ120坪の枯山水庭園である「南庭」前には、腰をかけのんびりと庭を鑑賞する観光客の姿が見られます。刻々と流れる時間を忘れ穏やかひとときを過ごすのにぴったりの場所です。円柱の石で形どった北斗七星と天の川を表現した生垣が小宇宙を表す「東庭」、井田市松の庭「西庭」では「通天台」と呼ばれる舞台から秋には見事な紅葉を目にすることもできます。最後は、苔と敷石で作られた市松模様が印象的な「北庭」です。芸術的な美しさを誇る庭は見事の一言。四季折々の良さを楽しむことができる名庭の一つです。

秋の東福寺は、2000本を超える楓の茂る洗玉澗(せんぎょくかん)を通天橋から眺めようとする大勢の観光客が訪れることで有名です。休日には1時間~2時間待ちもあるとか。それでも今度はやはり秋の東福寺を堪能したいものです。ちなみに、手書きの御朱印は午前中のみの受付になっていますのでご注意下さい。

東福寺
住所:京都市東山区本町15-778
TEL:075-561-0087
拝観時間:12月初旬~3月末 8時30分〜16時(受付:9時~15時30分)
4月~10月 8時30分~16時30分(受付:9時~16時)
11月~12月初旬 8時~16時30分(受付:8時30~16時)
拝観料:方丈庭園400円
ホームページ:http://www.tofukuji.jp/index2.html