吉田神社「節分祭 -古式追儺式-」

京都の表鬼門にあたる吉田神社では、毎年2月2日~2月4日の3日間かけて盛大に「節分祭」が行われています。

京都大学の前から伸びる直線の参道から大元宮へ上がる上り坂までずらりと800店を超える縁日屋台が立ち並び、威勢の良い掛声ともに鮎の塩焼きやイカ焼きなどの食欲を刺激する美味しそうな匂いが漂います。今年は雪も降っていましたが、大勢の参拝者が訪れていた普段は静かな境内が賑わっていました。

2月2日 08:00「節分前日祭」(於 本宮・大元宮)
2月2日 08:30「疫神祭」(於 大元宮中門)
2月2日 18:00「古式追儺式」(於 本宮前 舞殿周辺)
2月3日 08:00「節分当日祭」(於 本宮・大元宮)
2月3日 23:00「火炉祭」(於 本宮前 巨大火炉)
2月4日 09:30「節分後日祭」(於 本宮・大元宮)
2月4日 13:30「福当抽選会」(於 本宮前 抽選会場)

節分前日となる2月2日の夜には「古式追儺式」が行われます。山から降りてきた赤鬼/青鬼/黄鬼たちがロープで仕切られた境内の道を所狭しと暴れまわります。見物していた大人たちは鬼が金棒を振り回すたびに歓声を挙げていましたが、子どもたちには恐ろしかったようで「怖い。もう帰ろう」と泣きながら親にすがっていました。3匹の鬼はそれぞれに赤鬼が「赫怒」、青鬼が「悲哀」、黄鬼が「苦悩」を体現しています。

それら3匹の鬼を退治するために、大舎人黄金4つ目の仮面を被って玄衣朱裳を着た「方相氏(ほうそうし)」が現れます。

鬼を払う存在なのに鬼以上に鬼らしい格好をした謎の「方相氏」ですが、古代中国において鬼払いを任務としていた役人です。日本では天皇や親王の葬送の際に棺を載せた車の先導もする重要な役目も果たしていましたが、次第に触穢信仰の高まりから、鬼や穢れに触れる方相氏も鬼として追われるようになり、現代日本で行われている節分の豆撒きの原形となったとされています。穢れを払うために穢れを引き受けていたことで自らも穢れとして忌み嫌われる存在になってしまうとは。切ないです。

吉田神社の「方相氏」はゴーストバスターズだった頃の正義の味方の「方相氏」です。盾を矛で叩いて大声で鬼たちを追い立て、さらに矛を振るって鳥居の前まで鬼たちを追い詰める大活躍です。そこへ上卿以下殿上人たちが桃弓で葦矢を追い射って、鬼たちを退治して神事は終わります。

ここの節分祭は「抽選券付き厄除け福豆」の景品が豪華なことでも知られています。詳細は「吉田神社の福豆抽選は自動車が当たる!」をお読みください。

吉田神社「節分祭」
日時:2月2日(木)~2月4日(土)
住所:左京区吉田神楽岡町30
ホームページ:http://www5.ocn.ne.jp/~yosida/