廬山寺節分会「追儺式鬼法楽」

『源氏物語』の作者である紫式部ゆかりのお寺さん「廬山寺」は、節分の日に行われる「追儺式鬼法楽(ついなしきおにほうらく)」でも有名です。毎年のように報道カメラの取材が入って京都の立春の風物詩となっています。

寺の開祖である元三(がんさん)大師良源が、村上天皇時代の宮中に於いて300日の護摩供を修せられた際に出現した三匹の悪鬼を退散した故事にちなんでいます。三匹の鬼は、人間の善根を毒する三種の某脳「貪欲」「瞋恚(しんい)」「愚痴」の三毒を表現していて、新しい年の変わり目といわれる節分の日に追い払うことで開運を願う行事です。

追儺式鬼法楽がはじまる少し前に境内に入ると、もうすでに大勢の参拝客で埋めつくされていました。読経が始まりしばしの時間待つと、太鼓と法螺貝の合図に松明と宝剣を持った「赤鬼」・大斧を持った「青鬼」・大槌を持った「黒鬼」が師堂前に作られた舞台に出現します。三匹は足拍子をとりながら、ゆっくりと堂内へと入っていきます。丸く太った鬼達には何だか愛嬌があります。鬼達が動くたびにものすごい数のシャッターが切られていきます。堂内では厄除開運・福寿増長の護摩供の修法が行われていて、そのまわりを鬼達が踊りながら妨げようとします。

しかし護摩供の秘法と追儺師の「法弓」、そして蓬莱師・福娘によって撒かれる「蓬莱豆」「福餅」に追われ、再度舞台を通り苦しみながら門外へと逃げ去っていきました。法弓とは東西南北、そして中央に向かい矢を射て、悪鬼・邪霊を降伏して平和を守ることを意味しています。いよいよ、お待ちかねの豆まきです。蓬莱豆は紅白一粒ずつ食べると寿命が延びるといわれています。福と書かれたお餅を拾った運の良い人はお餅を破魔矢と交換してもらえるそうです。何とも羨ましい限り。こちらは開運出世のご利益だそう。私の収穫は今回紅の蓬莱豆一つでした。残念!

当日は元三大師良源が鬼を退治したといわれる「独鈷」「三鈷」、そして大師が宮中で使用したと伝わる「降魔面」などの特別開帳もあります。邪気払いによって身体の悪い所を加持してもらい病気平癒をはかる「鬼のお加持」など、他にも見ていて飽きることのないイベントが盛り沢山な節分祭です。

鬼の御加持 14時15分~、16時すぎ~
鬼踊り 15時〜
豆撒き 16時〜
古札焼き式 17時〜

廬山寺節分会「追儺式鬼法楽」
日時:2月3日(7時~19時)
住所:京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
TEL:075-231-0355
拝観料:この日に限り無料
ホームページ:http://www7a.biglobe.ne.jp/rozanji/