下鴨神社「流し雛」

毎年3月3日の桃の節句に京都市左京区「下鴨神社」の境内にある御手洗川で「流し雛」が営まれます。さんだわらに乗せたひな人形をみたらし川に流し、子供たちの無病息災を祈る神事です。もともとケガレを雛に託して祓う神事であった流し雛の風習は、現在でも地方に残っているところもあります。流し雛に使用される人形は簡素なものが多く、通常は色紙などを使って作られた雛人形が用いられます。

下鴨神社「流し雛」日程
10時20分~ 桟俵先着100名無料進呈、桟俵販売(500円、1,000円)
10時30分~ 十二単・束帯衣着付け
11時~12時 流し雛の儀式典
12時~ 式典終了後に参拝客による桟俵のお雛様流し


10時を過ぎたぐらいに下鴨神社に着いた時点で、もうすでに桟俵の無料進呈は終了していました。日程では10時20分と書いてありましたが、早めに配ったようですね。来年は早めに出かけようと思います。十二単衣着付の披露前には、雛人形と一緒に写真を撮ることもできますよ。10時30分になると「橋殿」の雛人形の前で十二単着付・束帯衣着付が始まります。

11時からは御手洗川にて神事が行われます。大勢の家族連れ・観光客らが御手洗川付近に詰め掛け大変な賑わいです。聞けば朝早くから並んでいる人も多いとか。お祓いや挨拶後に、着替えを済ませた十二単と束帯衣姿の夫婦による流し雛が行われました。

続いて、舞妓さんによる流し雛です。優雅な佇まいは絵になりますね。素敵です。

最後は一般による流しびなです。我が家も娘と一緒に御手洗川に桟俵のお雛様を流しました。流れてゆくその姿に、今年一年の無事と娘の成長を祈りました。境内ではようやく咲きはじめた梅の花が春の訪れを告げていました。

下鴨神社「流し雛」
住所:京都市左京区下鴨泉川町59
日時:3月3日
時間:10時~13時
ホームページ:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/