京都・東山花灯路2012「知恩院」

京都市東山一帯で催されている「東山花灯路」が3月10日から始まりました。ライトアップや夜間特別拝観の他に各社寺でさまざまなイベントが開催され、今年で10年目を迎える人気のイベントです。今年は震災被災地の復興を願って、ろうそくで「祈」の文字を照らした応援メッセージを書いたを行燈が並べられています。

知恩院前では「粟田大燈呂」8基の中から「スサノオノミコト」「相槌稲荷」「法然上人」「八岐大蛇(やまたのおろち)」の4基が飾られていて、観光客達の目を楽しませてくれます。動くカラクリは人力だったのが驚きでした。運が良ければ係りの人と一緒になって大燈呂を動かすことができるかもしれません。また、三門前には京行燈・辻むら「日本の美をひかりに」も行われていおり、ライトアップされた三門をさらに美しく照らしていました。

特にオススメしたいのは、国宝である三門の境内側で開催されている3Dプロジェクションデジタルマッピング「幻想の祈り」です。三門の形状に合わせた特殊映像を6台のプロジェクターで投影しています。15分間の映像で次から次へと三門の姿が変化して私たちを幻想的な世界へと誘ってくれます。闇夜に浮かぶ光と音の調和、アナログとデジタルの融合が見事です。時が経つのを忘れて見入ってしまう素晴らしさ。三門裏手という場所柄、見逃してしまう人も多いかもしれませんが、ぜひ大勢の人に映像の美しさを堪能して欲しいです。必見。

知恩院は三門の境内側のプロジェクションマッピングまでは無料で拝観できます。境内右手「友禅苑」の特別拝観のみ有料です。土日のみですが三門前の通りでは「狐の嫁入り行列」と「火の用心・お囃子組」などの催しもあります。夜はまだ冷え込みますので、どうか暖かい格好にてお出かけ下さい。

トコトコト 過去記事 「東山花灯路2012」「知恩院ライトアップ2011」

東山花灯路2012
会場:知恩院
期間:2012年3月10日~3月20日(18時~21時30分)
住所:京都市東山区新橋通大和大路東入る三丁目林下町
TEL:075-561-2345
友禅苑:500円
ホームページ:http://www.chion-in.or.jp/