京都御苑の「黒木の梅」

京都市中京区に位置する「京都御苑」は市内の中心部にあり、南北約1,300メートル東西約700メートルの広さを誇ります。国民の公園として終日開放しており、市民の憩いの場としても親しまれています。江戸時代には宮家や公家の屋敷が立ち並んでいましたが、明治時代の東京遷都に伴って整備が行われ、砂利敷の広い苑路と築地塀そして芝生と松林で構成された現在の景観となりました。

苑内には約5万本の樹木が生育しています。近衛邸跡の糸桜や出水の小川周辺などの里桜・梅・桃などの花木・モミジなどが季節ごとに御苑を彩り、私達の目を楽しませてくれます。旧九条家茶室の「拾翠亭(しゅうすいてい)」や閑院宮邸跡(かんいんのみやていあと)などの歴史を偲ばせる遺構も多くあり、時期や曜日により見学することもできます。「京都御所」や「仙洞御所」の参観は申込制となっており、宮内庁の管轄となっています。最近では、インターネットでの申込もできるようになり大変便利です。京都観光の際にはぜひご利用ください。

宮内庁参観申込:http://sankan.kunaicho.go.jp/

現在、御苑の南・堺町御門近くにある「黒木の梅」が見頃を迎えています。丸く可憐に咲くその姿をおさめようと、大勢の観光客がシャッターを切っていました。黒木の梅は、葵祭・時代祭の際に行列が歩く「建礼門前大通り」に面しており、真っすぐ先には京都御所も望め京都らしい景観も楽しめます。西園寺邸跡付近にある「梅林」も同様に見頃です。こちらもお忘れなく。暖かい春が待ち遠しくなりますね。

京都御苑
住所:京都市中京区京都御苑3
TEL:075-211-6348
終日開放、苑内無料
ホームページ:http://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/index.html