「稲荷祭」四之大神(東寺八条)神輿

4月29日に伏見稲荷大社「稲荷祭」の巡幸祭が営まれました。

毎年「稲荷祭」期間中の日曜日に、5基の神輿が各氏子区内を巡幸します。「稲荷祭」の神輿に関連した奉仕は五ヶ郷が担当していて、不動堂(田中社)、東九条(上社)、塩小路中堂寺(下社)、西九条(中社)、東寺八条(四之大神)です。

それぞれが区内巡行を終えて最後5基目の四之大神の神輿が伏見稲荷大社御旅所にて再び宮入りしました。

最後まで天気に恵まれて無事に区内巡行が営まれました。次は5月3日の「還幸祭」です。神輿が御旅所を出発するのは14時頃です。およそ2時間ほどかけて伏見稲荷大社まで5基の神輿が向かい、伏見稲荷大社の本殿にて「還幸祭」が営まれます。