京都三大祭り「葵祭」のあれこれ

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

桜の季節が終わりを告げる頃、京都では三大祭りの一つである「葵祭(賀茂祭)」の前儀の様々な祭儀が始まります。下鴨神社(賀茂御祖神社)と上賀茂神社(賀茂別雷神社)の例祭である葵祭は、毎年5月15日に行われ、優雅な王朝風俗の行列で知られています。祭は6世紀半ばの飢饉をきっかけに欽明天皇が始めたとされています。平安中期の貴族の間では、お祭りといえばこの葵祭を指すほど名の知れたものでした。平安貴族の姿で列をなした風雅な一行は「京都御所」を出発し、下鴨神社を経て、上賀茂神社へと向かいます。「路頭の儀」と呼ばれるこの巡行は葵祭の最大の見所です。他にも15日に至るまでには様々な前儀があり、お祭りのムードは徐々に高まっていきます。今回は葵祭の祭事をまとめてみました。


(2011年5月3日 流鏑馬神事)

5月1日13時~ 上賀茂神社「賀茂競馬足汰式(かもくらべうまあしぞろえしき)」
約920年続く歴史ある神事です。5月5日の本番に先立ち馬の優劣や組み合わせを決める儀式。有料席(500円)もあります。勇壮な神事で、京都市無形文化財に登録されています。

5月3日13時~15時30分 下鴨神社「流鏑馬神事(やぶさめしんじ)
全長500メートルの糺の森「馬場」を、公家風の束帯姿や武家風の狩装束の射手たちが疾走する馬上から3ヶ所の的を目がけて鏑矢(かぶらや)を射て、葵祭の道中を祓い清める神事です。

5月4日10時~ 上賀茂神社「斎王代禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)」
斎王代と女人たちが、身を清める儀式です。毎年、上賀茂神社と下鴨神社の交代で行われます。雅楽が流れる中、十二単に小忌衣をつけた斎王代、童女など50余名の女人列が進む様は雅な王朝絵巻を感じさせます。

5月5日11時~ 下鴨神社「歩射神事(ぶしゃしんじ)」
葵祭の沿道を清める魔除けの神事です。馬上で矢を射る「流鏑馬」に対して、地上で矢を射るもので、蟇目鏑矢(ひきめかぶらや)を楼門に向けて高々と放ちます。葵祭(賀茂祭)の安全を祈願します。

5月5日14時頃~上賀茂神社「賀茂競馬(かもくらべうま)」
舞楽装束を身にまとった乗尻(騎手)が馬に乗り、左右に分かれて社頭に参進します。境内の馬場でその速さを競う競駈(きょうち)は儀式の後、14時頃より予定されています。この様子は「徒然草」にも書かれており、京都市登録無形民俗文化財にも登録されています。

5月12日15時~上賀茂神社「御禊の儀(ぎょけいのぎ)」
神職一同、賀茂祭の斎行にあたり境内「橋殿」にて特有の作法にて身を清めます。

5月12日9時30分~ 下鴨神社「御蔭祭(みかげまつり)
比叡山山麓の八瀬御蔭山より神霊を本社へ迎える神事です。16時ごろから糺の森において行われる「切芝神事」の「東游(あずまあそび)」は優雅な王朝の祭典として名高いものといわれています。

5月15日10時30分~ 京都御所-下鴨神社-上賀茂神社「路頭の儀」
天皇からの使者・勅使が上賀茂、下鴨両神社を参向する葵祭の最大の見所。総勢500名余、馬36頭、牛4頭、牛車2台、輿1台の風雅な王朝行列が、約8キロの道のりを巡行します。両神社にて「社頭の儀」も行われます。

5月15日の「路頭の儀」では、「京都御所」と「下鴨神社」に観覧席(2,000円)が設けられます。こちらの観覧席は事前にチケット購入が必要です。また、上賀茂神社でも芝生観覧席(1,000円)が用意されます。当日、正午からの受付で、事前予約は不要です。ゆっくりみたい方には観覧席がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>