大田ノ沢の杜若群落が見頃 2012年5月

上賀茂神社の摂社にあたる大田神社。その鳥居横にある大田ノ沢の杜若群落が見頃を迎えました。

毎年5月上旬になるとカキツバタの葉っぱの新緑色に染まった大田ノ沢の上に、群青色の綺麗な花が咲いて見事な景色となります。古代の京都が湖の底であったことを今に遺す泥炭地として、国の天然記念物に指定されています。この一帯を開墾して栄えたのが賀茂氏であり、その崇敬を集めた上賀茂神社と大田神社では、現在でも毎年2月に「幸在祭(さんやれさい)」という成人の儀式が行われています。

平安時代には『千載和歌集』の編者である藤原俊成が、群青色に染まる可憐な様子を一途な恋心に例えて「神山や 大田の沢のかきつばた ふかきたのみは 色にみゆらむ」(意味:賀茂別雷命が降臨した山の近くにある大田神社へ深く願う色恋事は、この杜若の花の群青色のように一途で可憐であろう)と和歌に詠んでいるので、それ以前から大田ノ沢のカキツバタは名勝として有名だったのでしょう。


(根津美術館コレクション)

江戸時代には、琳派最大の巨匠である尾形光琳が国宝『燕子花図屏風』を描く際に大田ノ沢のカキツバタをモデルにしたとされています。無限の空間を感じさせる金地の中に栄えるカキツバタの花の群青色と葉の新緑色による見事な色彩。型紙を使ったという説もある同形状の一束一束によって生み出されるリズミカルな群生は尾形光琳だからこそ創造できた美の境地です。

大田神社
住所:京都市北区上賀茂本山340
カキツバタ拝観料:300円
駐車場:なし