松尾大社「還幸祭(おかえり)」前編

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾大社の還幸祭は人々から「おかえり」と呼ばれて親しまれています。


(月読社唐櫃と四之社神輿「拝殿廻し」)

下鴨神社と上賀茂神社で行われる「葵祭」が京都三大祭として有名ですが、秦氏との関係の深い松尾大社も、本殿・楼門・社殿・各御旅所を葵と桂で飾りつけ、各御神輿・神職の冠・烏帽子や供奉も冠に葵と桂を付けることから「松尾の葵祭」とも言われています。

毎年4月20日以後の最初の日曜日に行われる「神幸祭(おいで)」では、神輿を桂川の対岸まで船に載せて渡す「船渡御」が行われます。そして神幸祭から21日目の日曜日に行われる「還幸祭(おかえり)」では、御旅所に駐輦していた神輿が西寺跡の「旭の杜」に集合し、ここで古例による西の庄の粽の御供、赤飯座(あかいざ)の特殊神饌をお供えして祭典をした後、列を整えて途中の朱雀御旅所に立ち寄ってここでも祭典、次いで七条通りを西に進み、西京極、川勝寺、郡、梅津の旧街道を経て、松尾大橋を通って松尾大社に還御します。

6基の御神輿が繰り広げる「拝殿廻し」の勇壮で景気の良い有様は見事です。神輿が激しく揺さ振られて鳴閂の音がカンカンと響き渡り、担ぎ手の威勢の良い掛声とともに本殿前で神輿の「差し上げ」が行われると、参拝客から大きな拍手とどよめきが起こります。


(衣手社神輿「拝殿廻し」)

各神輿とも素晴らしいです。こんな立派な神輿が自分の地域にあるいうこと、それが何世代にも渡って継承されてきたということは、本当に誇らしい気持ちだろうなと氏子の皆さんが羨ましくなりました。


(三ノ宮社神輿「拝殿廻し」)

 →松尾大社「還幸祭(おかえり)」後編へ続く

神幸祭(おいで):毎年4月20日以後の最初の日曜日
還幸祭(おかえり):毎年の神幸祭から21日目の日曜日

松尾大社
ホームページ:http://www.matsunoo.or.jp/
住所:〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
電話:075-871-5016
駐車場:1時間まで無料(※1時間超えると1回500円)
最寄駅:阪急松尾駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>