ゲーテ・インスティチュート・ヴィラ鴨川

京都市左京区にある「ゲーテ・インスティチュート」は、ドイツ語の普及を促進し、各国とドイツの文化交流を実践しドイツの全体像を紹介する文化機関です。鴨川沿いに立地する建物は、外観はとてもオシャレで目を引きます。ここでは、ドイツの芸術家を3ヶ月間招聘し、日本に滞在しながら創作活動を行う機会を提供するアーティスト・イン・レジデンス「ゲーテ・インスティチュート・ヴィラ鴨川」の活動が行われています。

こちらのオススメはカフェと図書館の二つ。ドイツならではのレシピで作られた焼きたてのパンやケーキを味わえる「カフェ・ミュラー」は、開放的な空間でのんびりと過ごすのに最適の場所です。中庭にはテラス席もあり、ゆっくりと食事もできます。オリジナルのドイツビールやワイン、バイエルン地方の白ソーセージもあり、本場の味を楽しめるのも魅力です。カフェでは「ドイツ語を話す会」なども開催されていますので、気になる方はホームページをご覧下さい。

20・21世紀のドイツの芸術・文化に関する書籍が主要のテーマの図書館には、現在日本の芸術家や文化に関するドイツ語書籍も加わり約4500点の図書、CD、DVDを取り揃えています。新聞や雑誌もあり、ドイツの文化シーンの最新動向を知ることもできます。残念ながら貸し出しは不可ですが、図書室の利用者は同時にカフェの利用もできます。図書室の新聞や雑誌を片手に、珈琲を飲みながら、ゆったりとした読書のひとときを過ごしてみては。

ゲーテ・インスティチュート・ヴィラ鴨川
住所:京都市左京区吉田河原町19-3
TEL:075-761-2188
ホームページ:http://www.goethe.de/ins/jp/kam/jaindex.htm