時代劇ロケ地の旅、流れ橋(上津屋橋)

名作時代劇のロケ地として有名な「流れ橋(上津屋橋)」に行ってきました。

撮った写真をモノクロにしてみました。ここ「流れ橋(上津屋橋)」大覚寺と並んで時代劇ロケ地の大定番です。宮本武蔵、水戸黄門、座頭市、必殺仕事人、銭形平次、暴れん坊将軍、陰陽師、新撰組、鬼平犯科帳、などなど数々の名シーンがこの流れ橋を舞台に撮影されました。現在の橋脚は全73基ありますが、そのうち久御山町側17基がコンクリート製になっています。写真を撮るときはこのコンクリート橋脚側が映らないような角度から撮ると雰囲気が良いと思います。

木津川を挟んだ久御山町と八幡市を結ぶこの木造橋は、橋長356.5m、幅3.3m。現存する「流れ橋」として日本最長を誇っています。「流れ橋」とは、橋桁を固定せず橋脚に載せるだけにすることで、台風で増水したときは橋桁が川面に浮かんで流されるという柔構造になっている橋のことです。さらに橋桁はロープで橋脚とつながれているので、橋桁は増水のたびに流されても失われず復旧作業の効率と経済性も考慮されています。立ち向かうのではなく受け流してやり過ごす。これは自然災害に対する人類の完成されたひとつの解法だと思います。

現代でも流れ橋は流されています。昨年の9月3日の台風12号によって橋桁が流出。計74基のユニットのうち64基が流出(21基が損傷)し、さらに橋脚5基が流失してしまいましたが、今年4月27日に復旧しました。流されるたびに「恒久的な橋を架けては」と議論になるそうですが、橋の建設費には数十億円の巨額費用がかかるし、下流に行けば幹線道がある。そこで今回も府は5000万円で木造のまま復旧させたそうです。なるほど。例え10回流されても5億円で済むのだから現代においても流れ橋の経済性の良さは変わらないようです。

時代劇ファンなら「東映太秦映画村」もお忘れなく。

流れ橋(上津屋橋)
住所:〒614-0000 京都府八幡市上津屋宮前川端
通行期間:通年一日中(台風で流れてしまうと復旧まで通行止め)
通行料:無料
駐車場:なし
最寄駅:なし(京阪八幡市駅からバス25分+徒歩3分、近鉄大久保駅からバス10分+徒歩10分)