祇園祭2012 駒形提灯が点る宵々山

京都市内は「祇園祭」の真っ最中です。18時くらいから四条通が歩行者天国となり、山鉾からそれぞれの祇園囃子が奏でられ、駒形提灯に明かりが点ります。

2012年は宵々々山が7月13日(金)、宵々々山が7月14日(土)、宵々山が7月15日(日)、宵山が7月16日(月)、と週末三連休に重なりました。宵々山の人出は天気にも恵まれて29万人(午後11時、京都府警調べ)にもなり、昨年より1万人も多い賑わいでした。歩行者天国が見物客で埋め尽くされました。

西洞院四条上るにある「蟷螂山(とうろうやま)」は別名「カマキリ山」と呼ばれ、屋根の上にはカラクリを施したカマキリが乗っており観光客達の目を楽しませてくれます。それとは別に宵々山〜宵山の期間限定で、カマキリおみくじ(1回200円)を引くことができます。夕方でも30分待ちの行列ができるほど人気があり、カラクリの取っ手を回すとカマキリがクルクルと回転して、番号の書かれた玉を後ろの箱から手前の箱にポトッと落としてくれます。授与されるおみくじにもカマキリが描かれているので記念になりますよ。