祇園祭2012 放下鉾に囃子方がいなかった。

今年の山鉾巡行では21番の巡行順になった放下鉾。御池寺町交差点のところで一時停まると鉾に梯子がかけられて囃子方がみんな降りてしまいました。

てっきり休憩でもしているだけなのかと思ったら、そのまま囃子方が戻ることはなくそのまま御池新町交差点へ。なので辻まわしの際も祇園囃子は無く音頭取の掛け声だけで少し寂しい感じになってしまいました。新町通で放下鉾を待っていた見物客や町人も「あれっ?」と不思議に思われた方が多かったかもしれません。

曵き初めのときも宵山のときも囃子方は普通に参加していました。何かあったとすれば山鉾巡行中でしょうか。そう言えば鉾頭をてっぺんに指した真木が心無しか不自然に傾いていたような気もします。

御池新町交差点で辻まわしを見物するのは今年が初めてだったので、長刀鉾からお稚児さんが降りたように放下鉾から囃子方が降りるのも例年通りだと思い込んでいたのですが、どうやら囃子方が戻らなかったのは初めてのことらしく、それを知って少し残念な気持ちになりました。

放下鉾
住所:京都市中京区新町通四条上小結棚町
鉾建て:11日午前6時30分〜
曳き初め:13日午後3時
一般搭乗:14日午後1時
日和神楽:16日午後10時

放下鉾祇園囃子保存会
ホームページ:http://www.vesta.dti.ne.jp/~hokaboko/

(2013年4月追記)